« 思いがけず | トップページ | シロテンマ »

半夏生

 この前の日曜日(7月2日)は「半夏生」でした。
 梅雨も終盤に入り、蒸し暑い日が続いています。暑さと湿気に弱い私はもうすっかり夏バテ状態です。こんなときは涼しげな植物を見たくなります。
 ドクダミ科のハンゲショウは、花が開く頃になると葉が白くなります。葉を白くして、花が咲いているのを虫に知らせているのだと言われています。
 低地の水辺や湿地に自生しますが、公園やお寺の池などにも植えられていてよく見掛けます。
T_p1010947_1

|

« 思いがけず | トップページ | シロテンマ »

コメント

 お元気で何よりです。高尾でお会いしたつぐみです。7月1日ムラサキニガナ、ナツタムラソウに森戸川流域で初めて会いました。キツリフネ、ハンゲショウは大和市の泉の森、散在ヶ池で会いました。ハンゲショウがマタタビの花と時期も葉を白く染めるのも同じなのには驚きですね。
森戸川流域は鳥も良かったですよ。チュウガタコガネグモにも初めて会いました。
 今週末から岩手です。しばらく訪ねていないフィールドにも行きたいと願っています。

投稿: つぐみ | 2006年7月11日 (火) 10:59

つぐみさん、こんにちわ。コメント、有り難うございます。
今日、出掛けた山でマタタビを見ました。花が終わって、白くなっていた葉も緑色に戻り始めていました。普通の実と虫えいになった実の両方が見られましたよ。植物っていくら見ても見飽きないなぁっていつも思います。
週末は岩手ですか。気を付けて行って来て下さい。楽しい出会いがあると良いですね。

投稿: ヒナ | 2006年7月13日 (木) 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生:

« 思いがけず | トップページ | シロテンマ »