« ギンバイソウ | トップページ | 気になるコマツナギ »

マツノハマンネングサ

今回の奥多摩行きの目的はマツノハマンネングサを見に行くことでした。

6~7年前の夏、この山の川沿いの道でマツノハマンネングサが咲いているのを見つけました。倒木のコケの中に1箇所、落葉樹の幹に1箇所。この道を歩くたびにマツノハマンネングサの葉や花を確認するのが楽しみでした。
ところが、倒木が山道を歩くのに邪魔になるのか取り除かれてしまい、マツノハマンネングサは落葉樹の1箇所だけになってしまいました。

そろそろ花が見られる頃かと思って行ってみたのですが、幹に着生しているマツノハマンネングサはまだ蕾でした。この2~3年、株数が減っているように感じていたのですが、今年はずいぶん増えたようです。今回は、川沿いの道の苔むした岩にも小さいマツノハマンネングサを数株見つけました。写真は岩についていたマツノハマンネングサです。岩についた数株も大きくなって、いつか花を咲かせたら良いなぁ、と思います。

T_p1050576

|

« ギンバイソウ | トップページ | 気になるコマツナギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツノハマンネングサ:

« ギンバイソウ | トップページ | 気になるコマツナギ »