« ハンゲ属 | トップページ | 会いたかった花 »

アオイ科フヨウ属の雌しべと雄しべ

モミジアオイが咲いていました。

ハイビスカスでお馴染みのフヨウ属の花たちは、大きくて色鮮やかで、ホントに華やかです。花も好きなのですが、それよりも雌しべと雄しべが面白くて綺麗で、見掛けるとつい覗き込んでしまいます。

雄しべは筒状になっていて、そのなかから雌しべが突き出ています。雌しべの先が5つに裂けて、丸くなっているのが可愛いですね。

写真は、上から
モミジアオイ(小石川植物園 9月9日)
ムクゲ2種(杉並区 7月25日)
アメリカフヨウ(杉並区 7月25日)

Photo

|

« ハンゲ属 | トップページ | 会いたかった花 »

コメント

早速、お邪魔しました。
きれいに撮られていますね。花の中を良く見た事がなかったのですが、面白いですね。
今度、覗いてみます。

投稿: やまそだち | 2007年9月12日 (水) 08:49

やまそだちさん、こんにちわ。

雄しべと雌しべがもっと綺麗に写せると良いのですけれど・・・。私の腕とこのカメラではこの辺が限度です。
ぼちぼちやっていこうと思っています。これからもよろしくお願いします。

投稿: ヒナ | 2007年9月14日 (金) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオイ科フヨウ属の雌しべと雄しべ:

« ハンゲ属 | トップページ | 会いたかった花 »