« マキエハギ | トップページ | クズの花 »

庭の千草

子供のころのこと。
お盆から秋のお彼岸、初冬に掛けて、庭に沢山の花が咲いていた。写真のハナトラノオ(カクトラノオ)を始めとして、ヒャクニチソウ、アスター、クサキョウチクトウ、ミソハギといった盆花や、マツバボタン、小菊、コスモス、センニチソウなどの花々。でも、この花々がどうしても好きになれなかった。何でかって言われても困るのだけれど・・・。
東京で暮らすようになって、数年前くらいから、出掛けた先の庭や畑の隅にあのころ好きではなかった花を見つけて、なんだか懐かしくて、これも有りかなぁ、なんて思うようになった。

年、取ったってことですかねぇ?

T_p1050913

|

« マキエハギ | トップページ | クズの花 »

コメント

私はこの花が,蔵王のスキー場に繁茂していてビックリしました。
園芸種?? なんでぇー? って。
(名前はわからなくて,教えてもらっちゃった)
寒いところも平気なお花なんですね。

投稿: はるこ | 2007年9月26日 (水) 23:28

最近のスキー場ってそういうとこ多いのかな? ルピナス咲き乱れるスキー場の写真を見たことがあるよ。流行なのかな。
私達からみたら自然の花が良いんだけれど、一般的な人を呼ぶにはそうはいかないのかもね。お花畑、好きだからねぇ。

投稿: ヒナ | 2007年9月27日 (木) 22:46

私が小学生の頃のはなしですが、田舎の隣の家(母の実家)の主人が園芸空きで色々な草花を栽培してました。
その中に、ハナトラノオが有り花の付くその四角な茎が妙に記憶に残ってました。
ハナトラノオの名前を知ったのは数年まえの事です。

投稿: 遍 直次 | 2007年9月28日 (金) 20:46

ハナトラノオの四角な茎って印象的ですよね。子供の頃、なんでかあの全体にカクカクした感じが苦手でした。
私の子供の頃は、「カクトラノオ」って名前で呼ばれていたんですが、いつの間にか「ハナトラノオ」という名前がメインで、「カクトラノオ」は別名みたいなポジションになっていました。「ハナトラノオ」の方が可愛い感じがするのかな。

投稿: ヒナ | 2007年9月30日 (日) 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の千草:

« マキエハギ | トップページ | クズの花 »