« アズマイチゲ・ニリンソウ | トップページ | ツルネコノメソウ »

ハナネコノメ

高尾山の春は渓流沿いから始まります。最も人気があるのは、白いがく(花びらのように見える部分)に暗紅色の葯が映えるハナネコノメ(ユキノシタ科)。毎年、この花を見るために多くの人が高尾山に出掛けます。我が家もご多分にもれず、3月になるとそわそわしてきて、いつ行こうかとカレンダーとにらめっこです。今年は花の良い時期に行くことが出来て、咲き始めたばかりの花や、岩を覆うように隙間なく咲いた花が見られました。

Photo

|

« アズマイチゲ・ニリンソウ | トップページ | ツルネコノメソウ »

コメント

ちょうど良い時に見れましたね!
白いガクが開く前に、赤いヤクがのぞいているのも可愛いし、開いているのもとっても綺麗ですね。

投稿: きよこ | 2008年3月23日 (日) 17:03

ホント、良い時期でしたよ。今年も見に行けてよかった。ハナネコノメの花を見ると幸せな気持ちになれます。

投稿: ひなた | 2008年3月24日 (月) 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アズマイチゲ・ニリンソウ | トップページ | ツルネコノメソウ »