« ツルネコノメソウ | トップページ | オランダガラシ »

コチャルメルソウ

もうひとつ、渓流沿いの花。華やかさはないのだけれど、花びらの形が楽しいコチャルメルソウ(ユキノシタ科)。紅紫色の花びらは、7~9裂して、まるで魚の骨のようです。この花はねぇ、見ているとほんとに楽しくなっちゃって!! 
それに、この花は楽しいだけじゃなくて、見るたびに思うのだけれど、黄緑色のがく、黄色の葯、紅紫色の魚の骨(花びら)の組み合わせが凄く凄く良い! 誰がこんな花を考えたのだろう。きっと、天才。

T_p1060918

|

« ツルネコノメソウ | トップページ | オランダガラシ »

コメント

ほんと素敵。不思議な花ですね。
こういう花だったんだって忘れかけていました。
写真でも見れて良かった。

投稿: きよこ | 2008年3月23日 (日) 17:07

あちこちで花が咲き忙しいですね。

チャルメルソウ
> 誰がこんな花を考えたのだろう。きっと、天才。
最近の研究によると、キノコバエの仲間が蜜を吸い、花粉を運ぶそうです。
チャルメルソウのご先祖様が、沢沿いの湿った環境で生活するようになり、そこに多いキノコバエが蜜を吸いに来るようになって、花はキノコバエ好みの色や形になったのでしょう。

チャルメルソウのご先祖様とキノコバエの合作かな!!

投稿: 田中 肇 | 2008年3月23日 (日) 19:02

きよこさん

ピンボケ写真だけれど、魚の骨を見てもらえて良かったです。もうね、見るたびに好きになる不思議な花です。

投稿: ひなた | 2008年3月24日 (月) 15:49

田中さん

キノコバエが花粉を運んでいるんですか!
(メモしとかなきゃ。)

あの面白い花には、キノコバエのセンスが大きく影響しているんですね。想像するとなんだか楽しいですね。チャルメルソウのご先祖様とキノコバエに感謝しなくちゃ。

投稿: ひなた | 2008年3月24日 (月) 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツルネコノメソウ | トップページ | オランダガラシ »