« 茶筅梅 | トップページ | 垣根のマンサク 1 »

サンシュユ

サンシュユ(ミズキ科)の花が咲いています。

まだ、木々が芽吹く前の寂しい景色のなか、枝いっぱいに明るい黄色の花を咲かせて、春がすぐそこまで来ていることを告げています。ひとつひとつの花は小さいけれど、たくさん集まって咲いていると、あたり一面が暖かい色に包まれたように、ほのぼのと暖かい春を感じます。

サンシュユは、中国・朝鮮半島原産で、江戸時代に薬用植物として渡来しました。小石川の幕府御薬園(現在の小石川植物園)に、種が蒔かれたのが始まりだそうです。果実を果実種に、果肉は乾燥させて薬用にするそうです。果実をジャムにする品種もあるようですが、どんな味がするのか一度食べてみたいなぁ。

Photo

|

« 茶筅梅 | トップページ | 垣根のマンサク 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶筅梅 | トップページ | 垣根のマンサク 1 »