« カヤラン | トップページ | ワニグチソウ、いろいろ »

オオバウマノスズクサ

数年前、裏高尾でオオバウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)の花を見つけました。その後、何度か5月に裏高尾に行ってみたものの、オオバウマノスズクサは見られず残念な思いをしていました。

高尾山ではあまり人の多くないところを選んで歩くのですが、今回は久しぶりに尾根道を歩いて見ました。途中、一緒になった方からオオバウマノスズクサの場所を教えてもらって、たくさんの花や蕾を見ることが出来ました。たまには違う道も歩いてみるものですね。

オオバウマノスズクサの花は、筒状でサクソフォンのような形をしていますが、これは花弁ではなくて実は萼なのだそうです。黄緑色で内側に紫褐色の縞模様が目立っています。形と言い、色や模様と言い、見ていると楽しくなる花です。蕾もなかなかお茶目な感じです。
果実は、5~7cm(けっこうデカイ!!)で、6稜になるそうですが、あまり見られないと聞いたことがあります。今回、あんなにたくさんの花が見られたのだから、果実も見られると良いなぁ、と思います。

Photo

|

« カヤラン | トップページ | ワニグチソウ、いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カヤラン | トップページ | ワニグチソウ、いろいろ »