« ヤマモモ | トップページ | アジアンタム? »

ペラペラヨメナ

いつもは通り過ぎるところで途中下車して、帰化植物のペラペラヨメナ(キク科)を見に行きました。

民家の石垣に大群落を作って白い花を咲かせています。毎年、この道を通るたびに気になっていたのですが、やっと見に行くことが出来ました。近くで見ると、石垣には、アジアンタム(たぶん)、ヒメツルソバ(タデ科)、ベゴニア(シュウカイドウ科)も沢山見られました。

ペラペラヨメナは、中央アメリカ原産で、観賞用として栽培されていたものが野生化しました。石垣のようなところが好きなようで、隙間もないくらいに群生しているのをよく見掛けます。花は初めは白色ですが、後に赤味を帯びてきます。(リュウノウギクのような白い菊が花の終わりになると赤味を帯びてくるのと一緒です。)花の大きさは直径2cmほど。白い花が一面に咲いているのも可愛いのですが、赤味を帯びた花が風に揺れているのもなかなか風情があります。

Photo

|

« ヤマモモ | トップページ | アジアンタム? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤマモモ | トップページ | アジアンタム? »