« オオカモメヅル | トップページ | ニガクサ(シソ科) »

マムシグサの仲間の果実

偽茎(茎のように見える部分)の斑模様からマムシグサ(サトイモ科)という名前が付きました。

4~5月頃、山野の木陰や草地で花を咲かせます。薄暗い木陰ににょっきり生えている斑模様の偽茎や、大きな仏炎苞に包まれた花軸(花はその花軸に密着している)を見ると、蛇を想像した昔の人の気持ちがよくわかります。
夏に果実は赤く熟します(写真)。花も果実もちょっと不気味な感じがして、いつ見てもぎょぎょっとしてしまいます。特に夕暮れ時とか・・・。

ふつう雌雄別株で、地中の球茎の大きさ(栄養状態)によって雌雄が決まります。(若いときは雄株で、球茎が肥大すると雌株に性転換します。)

T_p1080637

|

« オオカモメヅル | トップページ | ニガクサ(シソ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオカモメヅル | トップページ | ニガクサ(シソ科) »