« ベランダ観察 その11 誰 ? | トップページ | ベランダ観察 その12 ルリタテハとサルトリイバラ »

アオツヅラフジ

近くの駐車場のフェンスにアオツヅラフジ(ツヅラフジ科)が絡まっていました。

花を見ると雄しべが6個、雌しべは見当たりません。この株は雄株のようです。

小さな花ですが、近付いて花をよく見ると花びらの先が2裂しています。丸みのある萼と切れ込みのある花びらの組み合わせが繊細な感じがします。花色は透明感のあるクリーム色で、とても可憐な花でした。

ところで、雄株のはずなのに、実がひとつだけ付いていました。ん? こんなことってあるのでしょうか? 不思議です。

フェンスに絡まっている株のなかに雌株も混じっているのかなぁ・・・。

Photo

|

« ベランダ観察 その11 誰 ? | トップページ | ベランダ観察 その12 ルリタテハとサルトリイバラ »

コメント

わ,ほんとだ!
何株か生えているのかも知れないけど…おもしろい。

投稿: はるこ | 2008年9月21日 (日) 12:07

ね、面白いでしょう。見慣れた植物でも、新しい発見や気になる疑問点がいろいろ見付かるものですね。だから、植物観察はやめられない。

投稿: ひなた | 2008年9月21日 (日) 22:08

我が家のアオツヅラフジは雄株で実を付けませんが、何かの拍子で、両性花が付いたりして???
うちのものも観察してみます。
実が一つというのも気になります。

投稿: やまそだち | 2008年9月22日 (月) 18:52

やまそだちさん

そうなんです。その「何かの拍子」って言うのが気になるんです。実が一つだけなのも、ちょっと怪しい感じがするのだけれど、考え過ぎですでしょうか。
私ももう一度、あの駐車場へ行ってアオツヅラフジを見て来ようと思います。

投稿: ひなた | 2008年9月22日 (月) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベランダ観察 その11 誰 ? | トップページ | ベランダ観察 その12 ルリタテハとサルトリイバラ »