« パパイア!? | トップページ | ヤエノドクダミ(ドクダミ科)の紅葉 »

カメバヒキオコシの紅葉

カメバヒキオコシ(シソ科)の葉です。

カタカナで書くと意味がよくわからない暗号のような名前ですが、漢字で「亀葉引き起こし」と書くと意味がわかります。同じシソ科のヒキオコシ(引き起こし)仲間で、葉の先端が亀の尻尾のように見える、というのが名前の由来です。

ヒキオコシ(引き起こし)は、苦味の成分があり、苦味健胃薬として利用される植物です。弘法大師が病人にこれを飲ませたら、起き上がったという言い伝えが残っています。

このカメバヒキオコシには楽しい覚え方があります。

「噛めば引き起こし(カメバヒキオコシ)、飲めば行き倒れ」

ヒキオコシを噛んだら病気がよくなって起き上がれるけれど、(お酒を)飲み過ぎたら・・・、という感じです。

T_p1090550

|

« パパイア!? | トップページ | ヤエノドクダミ(ドクダミ科)の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パパイア!? | トップページ | ヤエノドクダミ(ドクダミ科)の紅葉 »