« キダチアロエ | トップページ | ウメとオウバイ »

温室の植物

上から

ジャワニッケイの淡いクリーム色の小さな花(クスノキ科)

トウワタの立て爪ダイヤモンドリングみたいな花(ガガイモ科)

ヒョウタンウツボカズラの捕虫器(ウツボカズラ科)

Photo

|

« キダチアロエ | トップページ | ウメとオウバイ »

コメント

名前を"ウツボカズラ"と言うのだと思ってましたが、形の通りヒョウタンが付くのですネ。

これは元気です。
我が家では、肥料を一切必要とせずに水ゴケだけで育ってます。
初夏になると葉っぱの先から蔓?が伸びてツボに育つのでが不思議な感じ。
ツボの中の水を呑むと胃が溶けるってホント?(^_^)

投稿: 遍 直次 | 2009年2月19日 (木) 19:43

私も「ウツボカズラ」だと思っていました。でも、薬用植物園の名札には「ヒョウタン」が付いていたのです。で、うちに帰って調べてみたら、「ネ・カシアーナ」というのと「ネ・グラキリス」というのとの交配種だそうです。

遍 直次さんはおうちで育てているのですか? 温室で見るものは、ときどき緑色の小さい花を咲かせていることがありますが、温室じゃなくても花は咲くのでしょうか?
胃が溶けるかどうかはわからないけれど、その前に昆虫を溶かす水が入っているのにツボが溶けないのが凄いかも・・・。

投稿: ひなた | 2009年2月20日 (金) 02:59

えっ、ウツボカズラは花を咲かせるんですか?
植物だからね、咲いて当然か・・・
温室の設備が無いと花は無理ですね。
我が家では見たことがありません。

あっ、それからツボそのものが溶けない理由は・・・。
氷の上を歩くシロクマが何故「凍傷」にならないのか、考えると不思議ですね。 (^_^)

投稿: 遍 直次 | 2009年2月20日 (金) 20:00

そうなんです!! ウツボカズラって花が咲くのです。新宿御苑の温室で咲いていた花は緑色だったと記憶しているのですが、調べてみたら茶色の花もあるみたいです。長い花穂に小さな花がたくさん咲いていました。(新宿御苑の温室は改装中で確認出来なくて残念です。)

凍傷にならないシロクマ、溶けないウツボカズラ・・・。不思議がいっぱいですね。だから、楽しいのか・・・?

投稿: ひなた | 2009年2月22日 (日) 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キダチアロエ | トップページ | ウメとオウバイ »