« シュンラン(ラン科) | トップページ | モミジイチゴ »

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ(スイカズラ科)が咲いていました。

ウグイスカグラの花は普通は紅色ですが、1本だけピンクの花を咲かせている木がありました。

しかも、この花付きの良さ。実が熟す頃が楽しみです。

Photo

|

« シュンラン(ラン科) | トップページ | モミジイチゴ »

コメント

千葉でもウグイスカグラ開花が2度目のピークを迎えています。
1度目のピーク(今年は2月中旬)時には,花枝が長く伸び出さないままに開花していて,結実することはほとんど無いようです。葉っぱも伸び出さないし。
でも,今は,葉っぱも茎もぐいんと伸びて,花枝もぺろんと出ています。
花色は,千葉のはほとんどがピンク系で,白っぽいのもあります。
そして,実(み)は,赤くなったなー,と思うと,翌日にはひとつ残らず食べられています。鳥さんは必死に食べているのでしょうね。

投稿: はるこ | 2009年4月 1日 (水) 16:45

調べてみたら、ピンクのウグイスカグラもけっこう多いんですね。知らなかったぁぁ~。
確かに、まだ寒いお正月の頃から咲いているのを見ますね。結実しない原因は、虫が少ないのと、寒さで実が育たないの両方かな?
熟した実を見掛けるとちょっとだけ味わってみます。人が美味しいと思うものは鳥さんも好きなんでしょうね。

投稿: ひなた | 2009年4月 1日 (水) 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュンラン(ラン科) | トップページ | モミジイチゴ »