« ホウチャクソウ | トップページ | アケビ »

トウゴクサバノオ

高尾山の続きです。

またしても、不思議な名前の植物。トウゴクサバノオ(キンポウゲ科)は「東の国の鯖の尾」という意味で、実の形が魚の尾びれに似ていることから付いた名前です。
その「尾っぽ」がちょうど見られました。一緒に出掛けた友人に、この可愛い尾っぽを教えたかったので、ちょうど見られて良かった。本当は淡いクリーム色の花も見せたかったのだけれど、花はもうほとんどが終わりかけでした。
写真の右、中央辺りに見える白っぽいものがわずかに咲き残っていた花です。(残っていた花は、みんな、こんな感じに閉じていました。)

写真をクリックすると大きくなります。

T_p1110253

|

« ホウチャクソウ | トップページ | アケビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホウチャクソウ | トップページ | アケビ »