« もうすぐ | トップページ | ミドリタチツボスミレ »

クゲヌマラン!?

春になると毎年出掛ける雑木林があります。そこでは、キンラン(ラン科)、ギンラン(ラン科)、ササバギンラン(ラン科)の花が見られます。今年は見に行くのが遅くなってしまったのですが、それでもキンランやササバギンランの見事な株が見られました。
雑木林のキンランなどを見たあと、去年、近所に住んでいるという方から教えていただいたギンランのポイントへ移動して写真を撮りました。そこは道路と集合住宅のあいだにある斜面で、ざっと数えて100本を超える数のギンランが咲いています。周りをよく見ると、道路沿いの植え込み(ツツジ)の下にもポツポツと咲いています。こんなにたくさんのギンランが咲いているのは見たことがありません。

一日、雑木林の植物を楽しんで、家に戻ってから写真を見返していて、ちょっとおかしなことに気が付きました。ギンランの花弁の基部には距があるはずなのですが、写真のギンランにはそれがありません。

ギンランによく似ていて、距がないクゲヌマラン(ラン科)というランがあります。最近、団地周辺や都市公園内などでまとまって生えているクゲヌマランらしきランを見たという話を聞きます。クゲヌマランというと海の近くという感じがするのですが、私の見たランはクゲヌマランで良いのか・・・。クゲヌマランだったら、自然分布なのか、植栽の木に付いてきたのか、それとも・・・。疑問だらけの花になってしまいました。

写真をクリックすると大きくなります。

Photo

|

« もうすぐ | トップページ | ミドリタチツボスミレ »

コメント

クゲヌマランの都市部進出はすごいイキオイのようですね(植物関係の掲示板を見る限り)。
今までは,ササバギンランかギンランか,という違いをチェックするだけで済ませていたのに,クゲヌマランも考えなくちゃイケナイんですよね。

それにしても,これだけの群生,ギンランにはあり得ませんものね。
(見応えあるー)

投稿: はるこ | 2009年5月 6日 (水) 14:23

多分クゲヌマランでよいのではと思います。
横浜でも某有名公園近くに発生したのがクゲヌマランという結果が出ています。
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2009年5月 6日 (水) 15:55

これが、国内帰化か?などと、話題になっているクゲヌマランですか。
まだ見た事がないんです。
ギンランと比べると花付きも良いですね。
そのうちこちらにも出てきそうですね。
良いものを見せてもらいました。

投稿: やまそだち | 2009年5月 6日 (水) 20:14

はるこさん

ほんとに見応えありましたよ。数十メートルの斜面に100本以上の花が咲いているのですもの。写真のように、花付きが良くて、背丈のあるものから、背丈は5cmくらいで、ひとつだけ花を付けたものまで、呆れるくらいたくさんの花が見られました。

春になるとよく歩いていた場所なのに、去年の春、教えてもらうまで気が付きませんでした。ここも最近になって見られるようになったのだろうと思います。

投稿: ひなた | 2009年5月 6日 (水) 22:35

アライグマさん

やはりクゲヌマランで良いのですか・・・。しかも、横浜にも出ているのですね。はぁ~、この進出は周りの植物にどのように影響するのか気に掛かりますね。

投稿: ひなた | 2009年5月 6日 (水) 22:36

やまそだちさん

やはりクゲヌマランで良いようです。少し調べてみたら、国内帰化のほかに、ヨーロッパ産ではないかと言う意見もあるようです。
あちらこちらで見られているようですね。ちょっとこの「勢い」が怖い感じがします。

投稿: ひなた | 2009年5月 6日 (水) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐ | トップページ | ミドリタチツボスミレ »