« 秋の山 花の旅 2 | トップページ | 秋の山 花の旅 4 »

秋の山 花の旅 3

上から、

ナンテンハギ(マメ科)
これも青紫色の花。日当たりの良い草地に生えます。秋の花の頃も良いのですが、ナンテンハギと言ったらやっぱり春。柔らかい若葉を山菜として利用します。癖がなく、お浸しや胡麻和えにすると美味しくいただけます。

ヤマハッカ(シソ科)
青紫色の小さな花が細長い穂になってたくさん咲いていました。花の上唇は4裂して立ち上がっています。下唇は内側に巻いているので細長く尖って見えます。この花を見ると、「髪がつんつん立ち上がっていて、顎が尖っている人」の顔に見えてしまうのですが・・・。変? (笑)

クサボタン(キンポウゲ科)
ちょうど良い感じに満開になった株に出会いました。花は下向きに咲きます。花びらが4枚あるように見えますが、これは萼で、開花後は先がそり返っています。

Photo_2

|

« 秋の山 花の旅 2 | トップページ | 秋の山 花の旅 4 »

コメント

今晩ニャヽ(´ー`)ノ
クサボタンがセンニンソウやボタンヅルの仲間だと言うのは実を見るまで信じられませんでした。
クサボタンの実がセンニンソウの実とそっくりでビックリーーー
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2009年9月27日 (日) 23:32

こんばんわ。

確かに花を見ると別物ですね。花だけだとセンニンソウやボタンヅルというよりは、ハンショウヅルやトリガタハンショウヅルの方に似ているかな? ビックリだけど、面白いですね。

投稿: ひなた | 2009年9月29日 (火) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の山 花の旅 2 | トップページ | 秋の山 花の旅 4 »