« 御岳山 9 こんにちわ | トップページ | ツマグロヒョウモン? »

御岳山 10 木の実・草の実

色とりどりの実も見られました。

まず、ムラサキシキブ(クマツヅラ科)の紫色の実と冬芽。上品な紫色です。

次は何の実だか分かりますか? 
御岳山と言えば、この花と言われるレンゲショウマ(キンポウゲ科)。淡いピンクの花はすぐに思い浮かぶけれど、実は・・・。初めて実を見て、なるほどキンポウゲ科だと思いました。

最後は一度見たら忘れられないマムシグサ(サトイモ科)の実。サトイモ科は、どの花も実も怪しげな形をしています。林内のちょっと薄暗いところに生えているので、花が咲いているときも実になったときも、見付けるとドキッとしてしまいます。

御岳山の水辺と植物はこれで終わりです。

Photo

|

« 御岳山 9 こんにちわ | トップページ | ツマグロヒョウモン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御岳山 9 こんにちわ | トップページ | ツマグロヒョウモン? »