« 妙義神社まで | トップページ | ヒノキバヤドリギ »

垣根ウォッチング ウキツリボク

ウキツリボク(アオイ科)。つる性の低木で、フェンスなどから細い枝を垂らして、花径5cmほどの花(赤い筒状で目立っているのは萼)を咲かせます。ランプをぶら下げたような形をしているので、チロリアンランプという別名があります。

本来の開花時期は5月~11月頃のようですが、寒さには強いようで、冬でも花を咲かせているのをよく見掛けます。

Photo

|

« 妙義神社まで | トップページ | ヒノキバヤドリギ »

コメント

ウキツリボクですか。きれいな名ですね。
アブチンという名しか知りませんでした。

投稿: 田中 肇 | 2009年12月13日 (日) 21:49

アブチンとも言うのですか! その名前は知りませんでした。
ウキツリボクという名前は、どこか和風な感じのする花に合っているように思います。チロリアンランプも可愛いですね。(^_^)

投稿: ひなた | 2009年12月13日 (日) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妙義神社まで | トップページ | ヒノキバヤドリギ »