« 薬用植物園 1 バニラ | トップページ | 薬用植物園 3 シュンラン »

薬用植物園 2 セツブンソウとザゼンソウ

自生地に咲いているものを見に行くのが一番良いのですが、諸事情いろいろ有りでなかなか思うようにはいきません。そんなとき、有り難いのが植物園です。

セツブンソウ(キンポウゲ科 上の写真)
白い可憐な花、と言いたいところですが、白い花びらのように見えるのは本当は萼片です。花びらは萼片の内側にある黄色の蜜腺に変化しています。白い萼片と黄色の蜜腺、紫色の雄しべの葯のコントラストが綺麗です。

ザゼンソウ(サトイモ科 下の写真2枚)
これもちょっと変わった花です。大きな花びらのように見えるのは仏炎苞と言います。仏炎苞のなかに小さな花が集まった花穂が見えています。
ピンボケの写真ですが、真ん中の写真の花は花粉を出しています。最後の写真はまだ花粉が出ていません。(写真をクリックすると大きくなって見やすくなります。)
ザゼンソウの仏炎苞はふつう暗紫色ですが、たまに緑色のがあって、それをアオザゼンソウと言います。最後の写真のザゼンソウは多少赤みがありますが、アオザゼンソウと言っても良いかな? 

Photo

|

« 薬用植物園 1 バニラ | トップページ | 薬用植物園 3 シュンラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬用植物園 1 バニラ | トップページ | 薬用植物園 3 シュンラン »