« コスミレ | トップページ | 高尾山 小仏川沿いの植物 番外編2 »

高尾山 小仏川沿いの植物 番外編1

小仏川沿いの遊歩道には梅の木が多いのですが、幹にいろいろな草や木が着生したり、蔓植物が這い登ったりしています。

最初の写真は、ツルマサキ(ニシキギ科)とテイカカズラ(キョウチクトウ科)。緑色の葉がツルマサキで、赤茶色の葉がテイカカズラです。

2枚目の白い花はミチタネツケバナ(アブラナ科)。ヨーロッパ~東アジア原産の帰化植物です。緑の葉はツルマサキです。

Photo

|

« コスミレ | トップページ | 高尾山 小仏川沿いの植物 番外編2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスミレ | トップページ | 高尾山 小仏川沿いの植物 番外編2 »