« ヨウラクラン | トップページ | 三輪咲いた »

レンプクソウ

今回、出掛けた山にレンプクソウ(レンプクソウ科)があることは知っていたのですが、場所が分かりませんでした。川沿いの少し湿った林の中を探して、やっと花に巡り会えました。ほかの山で見たことはありますが、ここでは初めてだったので嬉しかったです。

ちょっと変わった名前で、カタカナで書くと意味がよく分かりません。レンプクソウ(連福草)の根が、たまたまフクジュソウ(福寿草)の根と絡まっていたことから、「福寿草と連なる」という意味で付けられたそうです。
茎の先に花が5個つくことから、ゴリンバナ(五輪花)という別名もあります。花の付き方が面白くて、出会えると嬉しい花のひとつです。

あまり良い写真ではありませんが、出会えたことが嬉しかったので残すことにしました。

T_img_1255

|

« ヨウラクラン | トップページ | 三輪咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨウラクラン | トップページ | 三輪咲いた »