« 北関東の森(8月22日) トウコマツナギ? | トップページ | マヤラン »

ヤブツルアズキ

街外れの川沿いの公園の隅にヤブツルアズキ(マメ科)が咲いていました。

8月23日付けで載せたノアズキ(マメ科)の花とよく似ています。どちらの花も竜骨弁がクルリとねじれて、面白い咲きかたをしています。

花は似ていますが、実の違いはひと目で分かります。ノアズキは平べったい実ですが、ヤブツルアズキは棒状で下向きに付いています。(下の写真)

ヤブツルアズキはアズキ(マメ科 食用として栽培しているアズキです)が野生化したものという説と、アズキの原種がヤブツルアズキという説と、2つの説があるようです。

写真をクリックすると大きくなります。

Photo

|

« 北関東の森(8月22日) トウコマツナギ? | トップページ | マヤラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北関東の森(8月22日) トウコマツナギ? | トップページ | マヤラン »