« 高原の植物 6 | トップページ | 高原の植物 7の2 »

高原の植物 7の1

アキギリの仲間(シソ科)ですが、同じものがないくらいに花の色が変化していました。

1枚目は淡い黄色。

2枚目と3枚目は淡い黄色と紫色の斑模様。

シボリアキギリとか、ミヤマシボリアキギリと言われているそうです。キバナアキギリの変種、オオアキギリの変種、両方の雑種など、いろいろな説があるようです。本当のところはどうなんでしょう? わくわくするような謎のアキギリでした。

関東で見られるのはキバナアキギリだけなので、いろいろな変化のある花が見られて感激でした。

(9月26日)

Photo

|

« 高原の植物 6 | トップページ | 高原の植物 7の2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高原の植物 6 | トップページ | 高原の植物 7の2 »