« ほのぼの | トップページ | スクナビコナノカミ(少名毘古那神)が乗った船 »

ヤドリフカノキ

道路わきにヤドリフカノキ(ウコギ科)が植えられていました。このところ、寒い日が続いていますが、枯れることなく青々とした葉を繁らせています。

ヤドリフカノキは台湾、中国南部原産の植物で、日本では観葉植物として栽培されています。鉢植えにされたものを室内で育てますが、最近は屋外に植えられているものを見掛けることが多くなりました。ときには、花を咲かせていたり、オレンジ色の実を付けていたりしています。

これは、つまり・・・、東京が暖かくなっているということなんでしょうか? 

「帰化している」などという話はまだ聞いていませんが、「今後がちょっと心配かな」と思う植物のひとつです。

T_img_6617

T_img_6618

|

« ほのぼの | トップページ | スクナビコナノカミ(少名毘古那神)が乗った船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほのぼの | トップページ | スクナビコナノカミ(少名毘古那神)が乗った船 »