« 野山のスミレ 都会のスミレ | トップページ | アメリカフウロ »

4月、5月に見たランの花たち

最近、どんよりとした空模様の東京です。(寒いし・・・。) 今日も夜から雨になるみたいです。

もう春も終わりと言うことで、4月、5月に見たランの花たちをまとめてみました。(もちろん、みんなラン科です。)

エビネ
久しぶりに自生のエビネを見ました。近寄れなかったので、ぐぐ~っと手を伸ばして、やっと撮った一枚です。

T_p5160226

カヤラン
もう花は終わりかけでした。間にあって良かった。

T_imgp3172

キンラン
華やかですねぇ~。あちこちの雑木林で見ることができました。いつまでも野山で咲いていてほしい花です。

T_p5080094

T_img_8312

ギンラン
ひっそりと咲いていますが、存在感のある花です。

T_img_8377

クゲヌマラン?
去年、この場所で咲いていたのは2本でした。今年は4本に増えていました。毎年、見られる場所も増えています。(自分調べ)
うぅむ~、疑問いっぱいのランです。

T_p5080113

ほかに見られたのは、シュンラン(花)、ササバギンラン(蕾)、ヨウラクラン(蕾)、サイハイラン(蕾)、オオバノトンボソウ(葉)、エゾスズラン(葉)でした。

それから、最後に残念なお知らせです。我が家のすぐ近くにネジバナが3本生えていました。「なんだ、ネジバナかい」って言われそうですが、住宅街の中では見られて嬉しい自生のランです。花も綺麗だし・・・。
初めて見付けたときは1本でしたが、一昨年だったか3本に増えて、小さな株でしたが花も咲いていました。
それが、今年の春、2本並んでいたところに小さな穴が・・・。毎年、密かに花を楽しみにしていたのに残念です。(;_;)
もう1本のところは花壇になってしまいました。(パンジーの隙間で奇跡的に残っていてくれると良いのですが・・・。)

|

« 野山のスミレ 都会のスミレ | トップページ | アメリカフウロ »

コメント

 私も最近、自生のエビネを見ました。以前ほど採られなくなっているのでしょうか。だとしたら嬉しいのですが、撮影時は近くに誰かいないか注意してしまいます。

投稿: ペン | 2011年6月 1日 (水) 21:02

読んでいて突然頭の中にナウシカの
らん・らんらら・らんらんらん♪
らん・ららららーらん♪・・・・・
という奴が堂々巡りを始めた。
(。_o)\★バキッ
横浜の新興住宅地のど真ん中にキンラン・ギンラン・ササバギンランなどが出てくる散歩道がある。
(・_・;)目が点

投稿: アライグマ | 2011年6月 1日 (水) 21:10

 う~~ん、誰とは言わないけど、同病の人がいる・・・・・ 私は「とっとろ~」の方が好きだけど。公開時に、哲学の助教授と2人で見に行ったっけ。
 いろいろなランをみられてうらやましいですね。この3年間、ピンポイントで色々なところを回っているので、ある一地域をじっくり眺める機会がありません。来年は、じっくり探して、いろいろなランを見たいです。

投稿: Frank^Ken | 2011年6月 1日 (水) 21:50

5番目は、私の見ているクゲヌマランと同じです。ギン・ササバとこれが近くで仲良くしているところを案内して頂いて比較しましたので、先ず間違いないと思います。すごく強いし、成長度合いで、姿が、ギンからササバに近いのまであるようです。

投稿: クスクス | 2011年6月 2日 (木) 10:17

ペンさん

採られなくなっているのだったら良いのですが・・・。いつまでも残っていて欲しいと願うばかりです。

私も撮影のときは、人がいないとどうか気を付けています。

投稿: ひなた | 2011年6月 2日 (木) 12:55

アライグマさん

あぁ、良いですねぇ~。「さぁ、出掛けよう~」も好きです。でも、一番はやっぱり、Frank-Kenさんと一緒で「とっとろ~」かな。(^_^)

新興住宅地のキンラン、ギンラン、ササバギンランには要注意かもしれませんよ。土を入れたときや植木に付いてくるということがあるみたいです。

投稿: ひなた | 2011年6月 2日 (木) 12:56

Frank-Kenさん

私も「とっとろ~」が一番です。うちには、大小2人(?)の「とっとろ~」がいますよ!

うちは行動範囲が狭いので、だいたい同じようなものばかり見ることになります。一年を通して植物などの様子が見られるのは良いのですが、たまには違うところも見てみたくなります。
今年は少し遠くの雑木林に足を伸ばしてみました。いろいろと発見がありましたよ。(^_^)

投稿: ひなた | 2011年6月 2日 (木) 12:58

クスクスさん

多摩丘陵で、このランが見られる場所があるのですが、あっけにとられるほどの大群落を作っています。30cmくらいになって花付きの良いもの、5cmくらいで花は2~3個くらいのものまで・・・。一瞬、ギンランやササバギンランかと思うような姿のものもありました。

外国産じゃないかという話があるのですが、実際はどうなのか。気になるところです。

投稿: ひなた | 2011年6月 2日 (木) 14:08

ひなたさん 街中のイヌノフグリと同じように出戻りと仰る方もいますね。プロが、DNAなど調べられると判るような気ましますが。私の近くのマテバシイの植わっている緑地で、コンクリート壁に添って、一列に相当数毎年並ぶところがあります。

投稿: クスクス | 2011年6月 2日 (木) 14:47

クスクスさん

街中の造成地は要注意ですね。キンラン、ギンラン、ササバギンランでも怪しいのがあるし、クゲヌマランは年々報告が増えているように感じます。

投稿: ひなた | 2011年6月 2日 (木) 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野山のスミレ 都会のスミレ | トップページ | アメリカフウロ »