« ヒメマツバギク(追記あり) | トップページ | ミヤマカラスアゲハ? »

ミゾカクシ

田んぼの畦にミゾカクシ(キキョウ科)の花が咲いていました。

T_p7040813

ミゾカクシの花はちょっと変わっています。左右相称で、扇を広げたような形です。
山地の湿地に咲くサワギキョウや、花壇などに植えられているロベリア(ルリチョウチョウ 南アフリカ原産)の花と同じ形です。

葉は互生して、縁には鈍い鋸歯があります。
茎は地面を這って伸び、先端の数cmだけが立ち上がります。繁殖力が旺盛で、溝を隠してしまうほど群生することから、ミゾカクシという名前が付きました。別名はアゼムシロで、田の畦に蓆(むしろ)を敷きつめたように群生するという意味です。

T_p7040801

花に蟻が来ていました。

(以下、トリミングしています。写真をクリックすると大きくなります。)

お尻の黒いラインがキュートです。

T_p7040807_2

花に頭を突っ込んで・・・。(^_^)v

T_p7040810

相当、美味しいようです。お尻しか見えないよ!

T_p7040808

|

« ヒメマツバギク(追記あり) | トップページ | ミヤマカラスアゲハ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒメマツバギク(追記あり) | トップページ | ミヤマカラスアゲハ? »