« 薬用植物園 センニンソウ | トップページ | 薬用植物園 ツンベルギア・フォーゲリアナ »

薬用植物園 ジャボチカバ

東京都薬用植物園の温室で。

ジャボチカバ(フトモモ科)の実が見られました。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアなどが原産地だそうです。

果実は直接幹に付いています。直径2cmくらいでしたが、もう少し大きく(3~4cmくらいに)なって、黒っぽく熟すようです。
生で食べるほかに、ゼリー、ジャム、ジュースなどにされるそうです。

T_img_9745

ジャボチカバという名前は聞いたことがあったのですが、木や果実を見たのは初めてです。果実はどんな味なんでしょうねぇ~♪  

花は咲いていませんでした。一度、花も見てみたいです。(通うか!?)

(撮影 8月12日)

|

« 薬用植物園 センニンソウ | トップページ | 薬用植物園 ツンベルギア・フォーゲリアナ »

コメント

>(フトモモ科)
何時見ても大胆な名前ですねーーー
でも、個人的には相撲取りの太ももは見とうない
(ーー;)

投稿: アライグマ | 2011年8月14日 (日) 15:37

アライグマさん

「フトモモ科」から随分と遠く離れたところに飛んでいきましたねぇ。(~~;)


投稿: ひなた | 2011年8月14日 (日) 17:27

 この世には、奇妙テキレツな科と種の名前がするものなんですね〜〜〜

投稿: Frtank-Ken | 2011年8月14日 (日) 18:54

Frank-Kenさん

ふふふっ、今、「フトモモ科」と「ジャボチカバ」でいろんな世界に迷い込んでいる人が多数出ているものと思われ・・・。(^0^)

ちなみに、「ジャボチカバ」はブラジル先住民族の言葉で「亀のいる地」という意味だそうです。何故、「亀のいる地」なのかは不明です。

静岡県にはジャボチカバの摘み取り体験が出来る農園もあるようですよ。(ちょっと興味ありです。機会があったら摘み取り体験してみたいなぁ~。わくわく。)

投稿: ひなた | 2011年8月15日 (月) 01:58

フトモモに惹かれたのか、賑わっていますね。

花は1月に咲いていました。萼も花弁も雄しべも真っ白で直径5mmほど、一か所に沢山ついてました。
ひなたさんの写真と同じ樹ですよ。

投稿: 田中 肇 | 2011年8月15日 (月) 20:19

田中さん

どうも、魅力的なフトモモのようですね。(^o^)

ジャボチカバの花情報、有り難うございます。長い雄しべがもふもふしている花が好きなので、薬用植物園に行ったときは、気を付けて見てみようと思います。楽しみです。\(^o^)/

投稿: ひなた | 2011年8月16日 (火) 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬用植物園 センニンソウ | トップページ | 薬用植物園 ツンベルギア・フォーゲリアナ »