« 丹桂っていうんですって | トップページ | 公園のフェンスで 1 »

ヒヨドリジョウゴ

フェンスに絡まっていたヒヨドリジョウゴ(ナス科)。場所が場所だけに、草刈りにあったらしく、ちょっといじけたみたいに咲いてました。

T_img_0624

反り返った白い花。緑色の斑紋。暗紫色の葯。この色の組み合わせが良いですねぇ。

|

« 丹桂っていうんですって | トップページ | 公園のフェンスで 1 »

コメント

こちらのヒヨドリジョウゴは色づき始めていますがまだ完全に透明感のある赤にはなっていません。
(^▽^*)
花と緑の実と不透明な赤い実3種が一緒にあります。

投稿: アライグマ | 2011年10月 8日 (土) 20:35

アライグマさん

もうヒヨドリジョウゴの実が色付き始めているの? うちの方はまだ緑色の実ばかりですよ。まだ2種類です。

透明感のある赤い実。野鳥が残しておいてくれるので、けっこう長い間楽しめますね。

投稿: ひなた | 2011年10月 9日 (日) 12:06

ヒヨドリジョウゴとかピラカンサはチョット毒があるから他に食べる物がなくなると食べだすみたい。
こっちで直ぐになくなるのは千両や万両かな。
人間でもT・肇先生は当然のように味見をするみたいですが。

投稿: アライグマ | 2011年10月 9日 (日) 16:52

アライグマさん

野鳥がなかなか食べない実ってありますね。
毒があるかどうかは分からないけれど、イイギリの実もいつまでも残っていたように思います。で、ある日、ヒヨドリがわぁっと集まって、枝いっぱいの赤い実をたいらげていたような・・・。

>人間でもT・肇先生は当然のように味見をするみたいですが。

群馬県のFさんも味覚分類学を研究されていたような記憶が・・・。

投稿: ひなた | 2011年10月10日 (月) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹桂っていうんですって | トップページ | 公園のフェンスで 1 »