« 赤い実 | トップページ | ヤノネボンテンカ? »

青色の実 茶色の実

ほかに見られた実です。

まず青い実から。

白い粉をまぶしたようなアオツヅラフジ(ツヅラフジ科)の実です。もうちょっとしわしわになってきていました。

T_p1010578

つやつやピカピカのジャノヒゲ(ユリ科)の実。

T_p1010595

スイカズラ(スイカズラ科)の実です。花は目立ちますが、実はあまり見ないように思います。(観察不足か?)

T_p1010616

続いて、茶色の実。

カシワバハグマ(キク科)で良いと思うのだけれど・・・。冠毛が見事に開いていました。陽射しが当たるとキラキラして綺麗です。

T_p1010551

ススキ(イネ科)が陽射しに輝いていました。

T_p1010560

夕日に映えるノダケ(セリ科)。以前、茎も葉柄も濃い暗紫色だったと紹介したノダケです。

T_p1010606

濃い暗紫色だったノダケ↓

http://soragaaoi.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-b0ee.html

|

« 赤い実 | トップページ | ヤノネボンテンカ? »

コメント

 そちらには、まだ見られるのですね~~~。出勤時の気温が零下5度、職場に到着すると零下7度なんてとこにいると、ジャノヒゲの実などはとうの昔に見られなくなっています。

投稿: Frank-Ken | 2011年12月24日 (土) 16:56

Frank-Kenさん

そちらは零下ですか! こちらでは考えられない寒さです。でも、冬が厳しい分、春の楽しみは格別ですね。(^_^)v

ここ最近の東京の最低気温が0度くらいなんですが、それでも寒くて体が硬くなっています。ぶるぶる。

投稿: ひなた | 2011年12月25日 (日) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤い実 | トップページ | ヤノネボンテンカ? »