« 丘陵歩き チゴユリ | トップページ | 丘陵歩き 帰化植物 »

丘陵歩き タチシオデ

雑木林の中の尾根道や林縁で、タチシオデ(ユリ科)の明るい緑色の花がたくさん見られました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

タチシオデは雌雄異株です。雌株(雌花)です。

T_img_2675

トリミングしてみました。

Photo

花付きの良い雄株(雄花)がありました。見事ですねぇ~♪ 少し残念だったのは、茎の根元付近と先端の2ヶ所が折れ曲がっていたこと。茎が切れてはいなかったので、花はちゃんと咲いていましたけれど…。

T_p1020604

雄花の花序(トリミングしています)。

T_p1020606

小さな株もたくさんありました。

T_p1020470

|

« 丘陵歩き チゴユリ | トップページ | 丘陵歩き 帰化植物 »

コメント

 もうタチシオデが咲いているのですか。そちらは早いですね~~~。うらやましいです。

投稿: Frank-Ken | 2012年5月11日 (金) 08:25

タチシオデは沢山咲いていますね。
真ん丸い花手毬のような花が好きです。
新芽は山のアスパラと言われますから、とって帰る人もいるようですね。
私も先が折られたのやないのを時々見かけます。
よく似たサルトリイバラもいいですね。

投稿: sage55 | 2012年5月11日 (金) 17:34

Frank-Kenさん

そちらもすぐにタチシオデが咲く季節になりますよ。(^_^) 

そちらも、ナエバキスミレやウリハダカエデ、ナガハシスミレ、ヒトツバテンナンショウの花たちが咲く良い季節ですね。こちらではなかなか見られない花たちなので、いつもFrank-Kenさんのブログを楽しみにしています。

投稿: ひなた | 2012年5月11日 (金) 23:15

sage55さん

今回、歩いた雑木林にはタチシオデが多かったです。歩いていた数時間、緑色の手毬のような花を楽しみました。

植物の新芽って、良いですね。あの、ぐんと背伸びをしたような若々しい力に溢れた新芽を見ると、こちらまで元気になってきます。
我が家のベランダに、鳥が運んできたのか、サルトリイバラが花が咲くまでに育っています。ちょっと勢いが良すぎて、油断をするとお隣の庭にまで蔓を伸ばしてしまうのですが…。
今、新しい芽を伸ばしているので、毎日楽しみに見ています。

投稿: ひなた | 2012年5月11日 (金) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丘陵歩き チゴユリ | トップページ | 丘陵歩き 帰化植物 »