« 帰化植物園 その2 | トップページ | 帰化植物園 その4 »

帰化植物園 その3

初めて見た花がいくつかありました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

・ヒナマツヨイグサ(アカバナ科)
北アメリカ原産。高さが30cmくらいで、花はアカバナユウゲショウと同じくらいの大きさ(直径1.5cmくらい)です。名前の通り、とても可愛いマツヨイグサでした。
T_img_2999 

帯化していました。
T_p1030447_2

・ルリニワゼキショウ(アヤメ科)
一度、見てみたいと思っていた花です。綺麗な瑠璃色の花でした。でも、写真は失敗しました。(;_;) 初めて見た記念なので、大目に見て下さい。
T_img_3001

|

« 帰化植物園 その2 | トップページ | 帰化植物園 その4 »

コメント

へーーーー
ニワゼキショウにこんな色の奴が有るんだーーーー
!!!( ノ──__──)ゝジトッー!!

投稿: アライグマ | 2012年6月16日 (土) 09:57

アライグマさん

>ニワゼキショウにこんな色の奴が有るんだーーーー

そうだよぉ~♪
綺麗な瑠璃色だったけど、写真が失敗で本当に残念だわ~。アライグマさんも是非お花を探して見てね。綺麗だったよ。

帰化のニワゼキショウには、花の直径が1.2cmくらいあるものや、黄色や純白の花もあるみたいですよ。見てみたいね。(^_^)

投稿: ひなた | 2012年6月16日 (土) 15:13

ひなたさん これ子房に毛が生えているようですね。オオニワと合わせて、深入りすると悩ましい植物?

投稿: クスクス | 2012年6月16日 (土) 17:01

ヒナマツヨイグサとルリニワゼキショウは狭山丘陵でもあるようです。
私自身は今年は撮りそびれましたがルリニワゼキショウは楽しみに見に行っています。
そういえばこの子たちも帰化植物でしたね。

投稿: sage55 | 2012年6月16日 (土) 21:28

クスクスさん

私が調べたものの中に、ルリニワゼキショウの特徴として、「雄しべが合着して、子房に毛がある」というのがあったのですが、普通は毛がないのでしょうか? いろいろな変異(または別種)がありますか? 
オオニワゼキショウとも似ているようですが、私には図鑑の情報しかありません。もう少し具体的(私にも理解できるよう)に、ご指摘、ご教授いただけると有り難いです。

投稿: ひなた | 2012年6月17日 (日) 14:32

sage55さん

狭山丘陵にヒナマツヨイグサやルリニワゼキショウがあるのですか!
いつか出会ってみたいです。
狭山丘陵を歩く楽しみが増えました。(^_^)

投稿: ひなた | 2012年6月17日 (日) 14:33

ひなたさん 私もよく判りません。先日 実になっても毛のある写真があったので、今日改めてアイイロの花を咲かす場所に行ったのですが見当たりませんでした。「日本の帰化植物 平凡社」に、「アイイロニワゼキショウ、ヒトフサニワゼキショウが帰化しているが、ニワゼキショウ属の分類は確立しておらず、帰化植物の学名についても分類学的検討が必要である」と書かれています。この本が発刊されてから約10年経ちますので、新しい検索が出来ているかもしれません。「日本維管束植物目録 北隆館」の和名が、ルリニワゼキショウ(アイイロニワゼキショウ・ヒレニワゼキショウ)になっています。そのため、私は混乱しています。ここがポイントだというところがあれば教えてください。
(ヒレの意味が何かあるようにも思うし)

投稿: クスクス | 2012年6月17日 (日) 19:59

クスクスさん

ニワゼキショウ属の詳しいことは私もよくわかりません。
某所で読んだのですが、ニワゼキショウ属は研究者によって見解が異なって、70~150種もあるそうですね。(数が多いし、70~150種って凄いざっくりだし。)
和名の付いていない、瑠璃色の花を咲かせるニワゼキショウもたくさんあるみたいです。(解説が外国語で内容は?でした。)
日本に帰化しているものでも研究者によって見解が違っているかもしれないし、まだ認識されていない帰化のニワゼキショウが紛れ込んでいるかもしれない。混乱している可能性だって考えられますね。
ヒレの意味も私にはよくわかりませんが、例えば、花柄の基部の2枚の苞(苞で良いのかな?)が張り出していてヒレのように見えたとか、案外単純な理由だったのかもしれません。(あくまでも私の印象で、研究者の見解ではありません。本当はもっと深い意味があるのかもしれません。)

最初のコメントを読んだとき、あの1行だけではクスクスさんの真意がわかりませんでした。
ルリニワゼキショウでは間違っているという指摘なのか。
「深入りすると悩ましい植物?」のあとに続く言葉がなかったので、もっと詳しく調べなさいと言うことなのか、それとも別の意味があるのか・・・etc、いろいろと考えてしまいました。
出来れば、もう少し私にも理解できるように詳しく、最後まで書いていただけると有り難いです。

なにぶん、ふわっふわのブログですから、お手柔らかにお願いします。

投稿: ひなた | 2012年6月19日 (火) 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰化植物園 その2 | トップページ | 帰化植物園 その4 »