« きのこ(^o^)v | トップページ | トネアザミとノハラアザミ »

ハチオウジアザミ

今年2月に新種のアザミとして発表されたハチオウジアザミ(キク科)です。

(写真をクリックすると大きくなります。)

T_p1060543

T_p1060544

湿地に生えるアザミで、頭花が細く、総苞片は反り返りますがあまり長くならないのが特徴だそうです。

T_p1060558

T_p1060561

T_p1060562 

|

« きのこ(^o^)v | トップページ | トネアザミとノハラアザミ »

コメント

アザミは地域ごとに変異があり,難しいですね。
あまり細かく分けて欲しくないですね(^_^)

投稿: やまそだち | 2012年10月 7日 (日) 11:19

やまそだちさん

そうですね。変異が多い植物は見分けが難しくて困りますね。
このハチオウジアザミも教えてもらったのでわかりましたが、そうでなければハチオウジアザミにはたどり着けなかったと思います。

フローラの頃、風月ちゃんが「スミレはスミレ、ユリはユリで良いじゃない」と言っていたのを思い出しました。(^_^)

投稿: ひなた | 2012年10月 7日 (日) 16:40

確かにアザミはよく分からないです。
葉を見ても花を見ても変異が大きいですね。
そこが面白いのかもしれませんが。

投稿: アザミ | 2012年10月 7日 (日) 21:17

アザミさん

コメント、有り難うございます。

ほんとに変異の多い植物は悩みますね。
なんだか図鑑片手に1年中悩んでいるような気がします。
でも、まぁ、贅沢な悩みですね。

投稿: ひなた | 2012年10月 7日 (日) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きのこ(^o^)v | トップページ | トネアザミとノハラアザミ »