« 湿地の植物 咲いていた花 1 | トップページ | 湿地の植物 蕾(14日) »

湿地の植物 咲いていた花 2

10月14日と20日に咲いていた花の続きです。

(写真をクリックすると大きくなります。)

カワラケツメイ(マメ科)
河原や道端のような日当たりの良いところに群生しますが、河川改修などの影響で少なくなっているように思います。
花は黄色。さや状の実を付けます。葉や実が未熟なうちに刈り取ってお茶として利用します。

T_p1070284

羽状複葉の美しい葉です。

T_p1070138

ノアズキ(マメ科)
もう花は終わっているかと思っていたのですが、少しだけ残っていました。花は蝶形です。(^_^)

T_p1070307

T_p1070313

さや状の実。

T_p1070152

さやがはじけているのもありました。

T_p1070149

タヌキマメ(マメ科)
変わった名前ですが、「タヌキ」のイメージからはかけ離れた青紫色の美しい花が咲きます。花は午後にならないと咲きません。

T_p1070372

毛だらけの実です。こちらは「タヌキ」という名前にぴったりですね。

T_p1070292

ツリガネニンジン(キキョウ科)
淡紫色の小さな釣鐘のような花です。草原によく似合います。

T_p1070316

|

« 湿地の植物 咲いていた花 1 | トップページ | 湿地の植物 蕾(14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湿地の植物 咲いていた花 1 | トップページ | 湿地の植物 蕾(14日) »