« 海岸の植物観察 おまけ(夕焼け) | トップページ | 河原の植物観察 センダングサ »

河原の植物観察 カワラノギク

海岸の植物を見た翌々日、今度は河原に行ってきました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

カワラノギク(キク科)が保護地で咲いていました。この保護地には十数年くらい前に何度か行ったことがありますが、その頃よりも株数がだいぶ減ったように思います。

T_p1070956

T_p1070913

花が終わって茶褐色の冠毛も見られました。

T_p1070919

可愛い蕾です。

T_p1070941

保護地から30~50mくらい離れた河原にもいくつか咲いているのが見られました。同じカワラノギクなのですが、こちらの方がなんとなく自然に咲いている感じがします。

T_p1070980

T_p1070984

カワラノギクは関東地方と静岡県東部の河原に生える2~多年草(一回開花すると枯れる)です。河川中流域の砂礫地が減少して絶滅の危機にあります。

|

« 海岸の植物観察 おまけ(夕焼け) | トップページ | 河原の植物観察 センダングサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海岸の植物観察 おまけ(夕焼け) | トップページ | 河原の植物観察 センダングサ »