« 海の見える丘陵で 塀や壁も観察、観察! (^o^)v | トップページ | もうすぐ »

オオバノイノモトソウ

私にもわかる数少ないシダ、オオバノイノモトソウ(イノモトソウ科)です。(^_^)えへへっ。

(写真をクリックすると大きくなります。)

栄養葉です。

T_p1100760

胞子葉

T_p1100820

T_p1100821

ソーラスは羽片にの縁に沿って付きます。

T_p1100824

ところで、先日、表紙(というか、帯)が気にいって本を一冊買いました。

T_p1100570

シダをめくるこの目付きがねっ。ヾ(@°▽°@)ノ

T_p1100571

|

« 海の見える丘陵で 塀や壁も観察、観察! (^o^)v | トップページ | もうすぐ »

コメント

うーーん、この人何処かで昔なつかし「マーラー菌」にでも感染したのかね。
(* ̄(エ) ̄*)

投稿: アライグマ | 2013年3月 2日 (土) 19:31

端正なイノモトソウですね。
こちらでも石垣に生えているのですが、寸詰まりの、ちんこいものばかりです。

投稿: やまそだち | 2013年3月 2日 (土) 22:08

アライグマさん

「マーラー菌」とは懐かしいですねぇ。確か、お世話になったはずですが、感染は見られなかったような・・・。

最近、神奈川県の海近くに行くことが多いので、別の菌かもね。

投稿: ひなた | 2013年3月 3日 (日) 11:33

やまそだちさん

>端正なイノモトソウですね。

本当に・・・。惚れ惚れするような美しいオオバノイノモトソウでした。(-^〇^-) 

投稿: ひなた | 2013年3月 3日 (日) 11:35

あっ!
オオバノイノモトソウでした。
オオバノイノモトソウはこちらでも山にはわんさとあるのですが、イノモトソウのほうはいじけたものしかないと書くつもりでした。
ぼけてきたようです。

投稿: やまそだち | 2013年3月 3日 (日) 21:45

やまそだちさん

>オオバノイノモトソウでした。

オオバノイノモトソウの入力ミスだと思っていました。

見た目は似ていても、生育する環境などの違いがあるのですね。東京周辺のオオバノイノモトソウとイノモトソウはどうだったかしら? 
改めてどうだったかと考えると思い出せません。(うぅ~ん、ぼぉ~っとみている証拠ですね。(^^;)) 
今度、出掛けた時はよく観察してみようと思います。

投稿: ひなた | 2013年3月 4日 (月) 10:46

我が千葉では,冬のまっさかりを過ぎても雑木林の林内で青々としているのがオオバノイノモトソウ…ということだけは覚えていますが,イノモトソウと並べられたらわかりません。

と,「シダハンドブック」(文一総合出版)を見たら,オオバノイノモトソウは葉軸に翼がない(イノモトソウは翼アリ)だそうです。いつまで覚えていられるかなぁ。
またゴロを考えなくては!(おお,ヨクが無く,いいヨク有り…うーんいまいち)

投稿: hal-co | 2013年3月 5日 (火) 16:03

hal-coさん

シダって難しいよねぇ~。私もさんざん教えてもらったけど、覚えられたのはほんの僅か・・・。(^^;)お寒い状態ですわ。

オオバノイノモトソウとイノモトソウの覚え方、面白くて忘れないようなのがあると良いね。誰か作ってくれないかなぁ~♪

投稿: ひなた | 2013年3月 5日 (火) 23:02

 こちらでも山で見るのはほとんどがオオバノイノモトソウです。イノモトソウはどちらかというと、人家近くの石垣などで見かける機会が多いように思います。なかには雑種のセフリイノモトソウと思われるものもあったりします。

http://penguin-note.cocolog-nifty.com/pen/2012/03/120317-ff81.html

投稿: ペン | 2013年3月 7日 (木) 22:10

ペンさん

>イノモトソウはどちらかというと、人家近くの石垣などで見かける機会が多いように思います。

そうなんですか! _〆(..)メモメモ

セフリイノモトソウなんていうのがあるんですね! 知りませんでした。イノモトソウの仲間は完璧と思っていたのですが、出直さないといけないようです。(^^;)

投稿: ひなた | 2013年3月 7日 (木) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海の見える丘陵で 塀や壁も観察、観察! (^o^)v | トップページ | もうすぐ »