« 初夏の山で 見られた実 | トップページ | 半夏生の日にハンゲショウを見に行く (^_^) »

初夏の山で 見られた葉と幹

葉と幹も少しだけ見てきました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

マルバヌスビトハギだと思います。何年も前から、この道を通るとマルバヌスビトハギの葉を見るのですが、花が咲く前に刈られてしまいます。

T_p1150702

タチツボスミレのようですが、普通よりも葉が深く切れ込んでいました。

T_p1150855

カツラの木です。若々しい緑の葉が美しいですね。

T_p1150985

T_p1150987

T_p1160002

カゴノキの幹です。樹皮が鹿の子供のようにまだら模様になっています。この木の幹はすぐに分かりますね。(^_^)

T_p1160032

「初夏の山で」みた植物はこれで終わりです。

|

« 初夏の山で 見られた実 | トップページ | 半夏生の日にハンゲショウを見に行く (^_^) »

コメント

 どもです。葉に粗い鋸歯のあるタチツボスミレはホソイスミレと呼ばれるタイプのようです。「信州のスミレ」のp.75に写真があります。載せているHPもあるようです。

投稿: ペン | 2013年7月 7日 (日) 22:49

切れ込み葉っぱのタチツボスミレ,おもしろいな,と思っていたら,ペンさんからコメントが…ホソイスミレというのですか。

投稿: hal-co | 2013年7月 8日 (月) 13:54

ペンさん

どもですっ。ホソイスミレと言うのですか! ちゃんと名前があるんですね。(^_^) HPなどで紹介されているのをいくつか見てきました。
知らなかったスミレに出会えて嬉しかったです。

投稿: ひなた | 2013年7月 8日 (月) 23:11

hal-coさん

私も面白い(変わった)タチツボスミレくらいに思っていました。名前があるということをペンさんに教えて頂いてびっくりしています。

投稿: ひなた | 2013年7月 8日 (月) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の山で 見られた実 | トップページ | 半夏生の日にハンゲショウを見に行く (^_^) »