« 早春の川沿いを歩く 芽生え 芽吹き | トップページ | 早春の川沿いを歩く 庭や垣根などの植物 »

早春の川沿いを歩く ほかに見られた花や蕾

ほかにも早春の花や蕾、名残りの冬景色、冬芽などが見られました。

キバナノアマナの蕾です。もう少しで咲きそうでした。私たちが出掛けた次の日に花が咲いたようです。

T_p1320868

ヨゴレネコノメの暗紫色の葯が見えていました。葯の色が印象的ですね。好きな色です。

T_p1330067

葉が互生でした。ヤマネコノメソウですね。

T_p1320919

ユリワサビの花も咲き始めていました。

T_p1330062

コチャルメルソウとハナネコノメが一緒に咲いていました。

T_p1330018

コクサギの冬芽です。コクサギの芽鱗は緑色~濃紅紫色で、縁が灰白色なので、重なると綺麗な模様の冬芽になります。それから、枝に2個ずつ互生して付きます。この2つがコクサギの冬芽の特徴です。

T_p1320861

地面に近いところでは早春の花が咲き始めていましたが、空に近い木々の枝はまだ冬の装いです。瑞々しい若葉が見られるのはいつ頃かなぁ~♪

T_p1320976

|

« 早春の川沿いを歩く 芽生え 芽吹き | トップページ | 早春の川沿いを歩く 庭や垣根などの植物 »

コメント

来週に迫った観察会の下見に行って来ました。
山はひなたさんの一番下の写真と同じ、しかも観察路の花はタチツボスミレと帰化植物が4・5種くらい。
1週間、猛勉強しなくては。

投稿: 田中 肇 | 2015年3月26日 (木) 20:00

田中さん

今日は下見だったのですか! 今の季節は一週間でずいぶん様子が変わりますから、準備が大変ですね。
私は今日、小石川植物園に行ってきました。スミレ類やいくつかの桜、コゴメイヌノフグリなどの帰化植物、いろいろ見てきました。近いうちに写真をお見せしますね。
小石川植物園は春がだいぶ進んでいました。

投稿: ひなた | 2015年3月27日 (金) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早春の川沿いを歩く 芽生え 芽吹き | トップページ | 早春の川沿いを歩く 庭や垣根などの植物 »