« 水辺の植物観察 タコノアシ(帯化) | トップページ | 水辺の植物観察 ほかに見られた植物 »

水辺の植物観察 ヒシ

ため池にヒシの花が咲いていました。

T_img_0136

T_img_0139

実です。硬い殻で覆われていて、2本の鋭い棘があります。これ、子供の頃は茹でておやつ代わりに食べたりしました。(-^〇^-) 歳がばれるなぁ~。てへっ。

T_img_0148

ヒシの葉です。

T_img_0124

ヒシがため池の水面に繁茂して、びっしりと覆っていました。白いのはヒシの花です。

T_img_0147

ため池の水が見えないくらいびっしり! 中央付近の白いのはサギの仲間です。写真をクリックすると大きくなります。

T_img_0151

ヒシの除去をしている船です。あれだけのヒシを除去するのは大変です。ご苦労様です。

T_img_0141

|

« 水辺の植物観察 タコノアシ(帯化) | トップページ | 水辺の植物観察 ほかに見られた植物 »

コメント

母の実家裏の沼にも「モク刈舟」という専用の舟があったのを思い出しました。藻が繁茂すると農業用の舟が通行できなくなるので、排除していたのです。
でも、上流にできた澱粉工場の排水で藻が全滅。魚も死んで村の騒ぎとなりまし。まだ公害などと言う言葉が無い時代のことですか。

投稿: 田中 肇 | 2016年8月21日 (日) 19:40

田中さん

あの船、「モク刈舟」って言うのですか! 「藻を刈り取る船」で検索してみました。あちこちで活躍している船のようですね。写真のため池でも頑張っているようでしたが、ヒシの量がとにかく凄くて、いつ終わるのやら・・・、と心配になるほどでした。

工場の排水とか、昔は適当でしたね。今、その川は綺麗になったのでしょうか? 魚の住める川になっていると良いですね。

投稿: ひなた | 2016年8月22日 (月) 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水辺の植物観察 タコノアシ(帯化) | トップページ | 水辺の植物観察 ほかに見られた植物 »