« シュッコンハゼラン ポーチュラカ(八重咲き) | トップページ | 多摩森林科学園 ツリフネソウ »

多摩森林科学園 ノブキ

多摩森林科学園に行ってきました。

台風の影響で通行止めになっている散策路が2か所ありました。通行止めになっていなくても、大きな木が倒れていたり、斜面が崩れているところも何か所かありました。

見られた花や実、昆虫などを何回かに分けて紹介します。

ノブキの花や実が見られました。

外側の一列が雌花で、その中に雄花が咲いています。

T_img_0721

実が出来始めていました。まだ中央の雄花が残っています。

T_img_0824

T_img_0723

雄花が落ちて実だけが残っています。外側の一列が雌花ですからね、こういう実の付き方になるんですね。(^^♪ いつも何気なく見ていましたが、改めて実の付き方を見て、「なるほどね~」と納得しました。

T_img_0712

実にはカギ状の棘があって、人の衣服や動物の毛に引っかけて種を運ばせています。

|

« シュッコンハゼラン ポーチュラカ(八重咲き) | トップページ | 多摩森林科学園 ツリフネソウ »

コメント

わぁ、雄花と雌花の配置、意識の外でした。
今度よく見てみます。ありがとうございます。

投稿: waiwai | 2016年9月30日 (金) 03:59

waiwaiさん

私もつい最近まで気が付いていませんでした。

ノブキを見掛けても、「あぁ、ノブキだ。咲いているなぁ~。」くらいで通り過ぎていました。先日、田中さんと歩いていた時に、ノブキの雄花と雌花の配置を教えて頂いて、初めて実の付き方があのようになると気が付きました。
見慣れた花でも改めてよく見ると発見があるものですね。(^_^)

投稿: ひなた | 2016年9月30日 (金) 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュッコンハゼラン ポーチュラカ(八重咲き) | トップページ | 多摩森林科学園 ツリフネソウ »