« 街歩きの途中で | トップページ | 里山に咲くキク科の花々 »

シロヨメナ

ちょっと変わったシロヨメナの花を見付けました。

雑木林の尾根道を歩いていたら、花弁が細くてたくさんあるシロヨメナの花が咲いていました。

T_img_1048

うちに帰って写真を拡大してみたら、一枚の花弁が3つに深く裂けていることに気が付きました。こんなことってあるんですねぇ~。こんな風に花弁が裂けたシロヨメナは初めて見ました。(トリミングしています。)

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_1046

近くに咲いていたシロヨメナです。この花は3つに浅く裂けています。(トリミングしています。)

T_img_1053

普通に見られるシロヨメナの花

花弁が細くて長いシロヨメナ

T_img_1086

花弁が太めで短いシロヨメナ

T_img_1059

|

« 街歩きの途中で | トップページ | 里山に咲くキク科の花々 »

コメント

わ,面白い。
私なら,園芸種が逸出したんだと思い込んでしまいます。
良く観察しないとわかりませんのね。

シロヨメナは,もともと花弁が3つのパーツで構成されているのかもしれない,とか,いろいろ想像できて楽しい。

投稿: hal-co | 2016年10月20日 (木) 13:43

hal-coさん

面白いでしょう!

以前、ユウガギクの園芸品種らしき花を見たことがあるので、シロヨメナの園芸品種もあるのかも・・・? でも、あまり帰化植物や園芸品種の逸出とか見ないところだから、ここのは自然に発生したものかもしれません。
リュウノウギク、シロヨメナ、ヨメナ、キンセンカ、ハキダメギクなど、キク科のいくつかの花は花弁に2本の筋が入っていることがありますね。その2本の筋に沿って裂けると、花弁が3つに裂けることになるな、と。その辺にヒントがありそうですが、本当のことはよくわかりません。
ここのシロヨメナに何があったのでしょうね? 

投稿: ひなた | 2016年10月20日 (木) 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街歩きの途中で | トップページ | 里山に咲くキク科の花々 »