« 渓谷の紅葉 | トップページ | キジョラン »

センボンギク? ホソバコンギク? ノコンギク?

ある方のブログを読んでいて、ノコンギクの変種にセンボンギクというのがあると知りました。渓谷にはそのセンボンギクを探しに行きました。

センボンギクの特徴は・・・。

渓流の岩場に生える。
葉は細く線状になる。葉の幅は0.3~0.5cm。

葉が細く線状になっていたノコンギクをいくつか見ました。観察してみると、葉の幅は0.5cmくらいから1cmくらいで、図鑑の記述とはちょっと違います。これをセンボンギクと言って良いものかどうか、私にはよくわかりません。

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_2265

T_img_2274

T_img_2218

この写真はスイカズラの葉と重なってしまってちょっと見にくいですが・・・。

T_img_2148

うちに帰ってから、図鑑を読み直して、ホソバコンギクというのがあると知りました。

ホソバコンギクの特徴は・・・。

川岸に生える。
葉は披針形で、先端が鋭くとがる。長さは8~10cm、幅は1~1.5cm。

ホソバコンギクの特徴に近いものもありました。

T_img_2166

T_img_2184

T_img_2188

葉の裏側です。(トリミングしてみました。) 
葉の表側も少し写っています。葉の裏表、茎にはノコンギクと同じような粗い毛がありました。(葉の表側、茎の写真も撮ったのですが、失敗してしまいました。(;_;))

T_img_2189

これはノコンギクで良いのかな? たくさんのノコンギクを見ていたら、だんだん分からなくなってきました。

T_img_2152

T_img_2337

T_img_2305

T_img_2307

渓谷で見たノコンギクは以上です。

渓谷に行った5日後、里山で植物観察をしました。里山でも葉の細いノコンギクを見ました。生えていた場所は日当たりの良い草地です。近くに川のような流れはありませんでした。

茎の上の方の葉の幅は0.5cmくらいで、下の方の葉の幅は0.5cm以上ありました。

T_img_2661

T_img_2666

普通のノコンギクもありました。

T_img_2637_2

センボンギクとホソバコンギクとノコンギクの違いって難しいですね。できるだけ多くの渓谷や川岸で観察してみないと違いが見えてこないのかな? 来年も観察してみようと思います。

|

« 渓谷の紅葉 | トップページ | キジョラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渓谷の紅葉 | トップページ | キジョラン »