« 今日の空模様 2017 9/24 | トップページ | キバナアキギリ ほか »

オケラ ノハラアザミ キク科の花

オケラの花はちょうど咲き始めたばかり。新鮮な花にはハチなどの昆虫が来ていました。

T_img_9296

2匹のハチ(?)が花を取り合って、取っ組み合いの喧嘩をしていました。写真は喧嘩の後、仲直り(?)した様子。(^_^)

T_img_9299

ノハラアザミもあちこちで咲いていました。

T_img_9280

シラヤマギク

T_img_9270

ヒヨドリバナ

T_img_9252

ヒヨドリバナの葉の黄化はウイルスに感染しているためだそうです。ヒヨドリバナ葉脈黄化ウイルスと言うそうです。万葉集にヒヨドリバナの葉脈黄化症状について読まれた和歌があって、それが世界で最も古い植物ウイルスの記録だそうです。

T_img_9331

カシワバハグマが咲いていました。

T_img_9388

ナガバノコウヤボウキの花が残っていました。コウヤボウキもありましたが、まだ蕾でした。

T_img_9392

|

« 今日の空模様 2017 9/24 | トップページ | キバナアキギリ ほか »

コメント

ヒヨドリバナの葉の黄化について、ヒヨドリバナには有性生殖をする2倍体と無性生殖する3・4・5倍体があり、後者は同じ遺伝子組み合わせの固体が多いので病気に感染すると個体数が大きく滅ることがあるが、2倍体には多様性があり多くが生き残れる。と20年ほど前の本に書いてあるのですが、論文形式にまとまっていないので、ざっと読み返しただけでは理解するのが難しい。 復習します。

投稿: 田中 肇 | 2017年9月26日 (火) 19:50

田中さん

難しいです! 私のぼんやりした頭では到底理解不能です。 (;_q)

無性生殖する3・4・5倍体の方が黄化しやすいってこと? 
うぅ~むぅ~(+_+)

投稿: ひなた | 2017年9月27日 (水) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の空模様 2017 9/24 | トップページ | キバナアキギリ ほか »