« ショカツサイ(白花) | トップページ | 遊歩道、川沿いの観察で見た帰化植物(3月) »

アマナなど(3月)

3月中旬の観察です。

写真をクリックすると大きくなります。

街中の小さな公園で見られた植物です。昔からの植物が残っていたものだと良いなぁ。

アマナの蕾が見られました。

T_img_2543

4姉妹の可愛いタチツボスミレが咲いていました。

T_img_2564

カントウタンポポも咲いていました。そこそこ大きな駅近くの公園でカントウタンポポやアマナが見られるのは貴重です。

T_img_2566

少し移動して川沿いで観察をしました。

普通より花弁の多いカタバミが咲いていました。普通のカタバミは花弁5枚、花柱5本、雄しべは長いものが5本、短いものが5本です。この日見たカタバミは、花弁7枚、花柱6本、雄しべは長いものが6本、短いものが6本でした。花弁が10程度のものをホシザキカタバミと言うらしいのですが、少し足りませんでしたね。

T_img_2585

この花の近くには花弁が6枚の花が咲いていました。花弁6枚の花の花柱は5本、雄しべは長いものが5本、短いものが4本でした。

T_img_2586

|

« ショカツサイ(白花) | トップページ | 遊歩道、川沿いの観察で見た帰化植物(3月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショカツサイ(白花) | トップページ | 遊歩道、川沿いの観察で見た帰化植物(3月) »