« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

川のはじまりと咲いていた花 その2

さらに上流(水の流れはほとんどないけれど)に向かって歩いていきます。

写真をクリックすると大きくなります。

イネ科の植物が多いですね。

T_img_3297

T_img_3299

カナメモチが花盛りでした。垣根によく使われる植物です。垣根のカナメモチは、すぐ刈られてしまうので、花を見ることは少ないのですが、この木は刈られていなかったので枝いっぱいに花を付けています。

T_img_3301

キツネアザミが咲いていました。田畑の周りや空き地などでよく見掛けます。

T_img_3302_20200531015301

夏みかんかな? ミカン科の花の独特な香りがしました。

T_img_3304

またゼニアオイの花が・・・。(^_^)

T_img_3306

ゼニアオイの咲いていた橋を渡って、民家の間を進んで行くと川の最上部に到着します。地面は湿っているようですが、水の流れはありません。

T_img_3316

T_img_3307

最上部を確認したので、来た時とは反対側の遊歩道を歩いて引き返すことにしました。

ハルザキヤマガラシだと思います。この辺では初めて見ました。

T_img_3318

150mほど下ると、川の右側に小さな湿地があり、少し水の流れが見られました。写真に撮ってみたけれど、水の流れはわかりませんね。(^^;) まぁ、記念写真と言うことで・・・。(^_^)

T_img_3322

「川のはじまりと咲いていた花」はこれで終わりです。

| | コメント (0)

川のはじまりと咲いていた花 その1

ゴールデンウィークの頃のお散歩の写真が残っていました。

川のはじまりを見てみよう、と思って出掛けてみました。

写真をクリックすると大きくなります。

去年の秋、湧水群を巡りながら植物観察をしました。その時は、湧水群の少し上流まで歩いて、家に戻りました。今回はその続きを歩いて、川のはじまりを見に行こうと思いました。と言っても、植物を見ている方が多かったのですが・・・。(^^;)

川一面にクレソンが咲いていました。クレソンの繁殖力は驚異的です。

T_img_3262

T_img_3270

T_img_3271

ミントの仲間だと思います。

T_img_3274

川沿いの遊歩道にゼニアオイが咲いていました。私の子供の頃は庭の花でしたが、最近は遊歩道や道路際などで見ることが多いです。

T_img_3278

アカバナユウゲショウ

T_img_3279

ニワゼキショウ

T_img_3280_20200529173201

川の水は少なくなって、イネ科の草本(シラゲガヤとネズミムギかな?)が目立つようになりました。

T_img_3282

トキワツユクサの白い花は涼しげに。

T_img_3284

ムシトリナデシコ

T_img_3287

川沿いの所々に花壇のようなスペースがありました。花壇や庭先でよく見掛ける花も咲いていました。

初夏の花、キスゲの仲間ですね。

T_img_3286

キク科の花が咲いていました。よく見る花なのに名前がわからない。(^^;) 家に帰って調べてみたら、ガザニアという名前らしいと分かりました。南アフリカ原産のようです。

T_img_3289

葉はへら形で、表は濃緑色で光沢があります。

T_img_3293

裏面は真っ白な柔毛に覆われています。写真をトリミングしてみました。柔毛が分かると良いのですが・・・。

T_img_3292

アヤメが咲いていました。園芸品種かもしれません。

T_img_3294

続きます。

| | コメント (0)

シラー・ペルビアナ

ご近所散歩の途中、遊歩道の花壇でシラー・ペルビアナという花を見ました。

写真をクリックすると大きくなります。

よく見ると、青い星を散りばめたみたいで奇麗な花ですね。

T_img_2880

T_img_2886

T_img_2893

T_img_2898

T_img_2903

| | コメント (0)

ツルマサキ

小川沿いの遊歩道を歩いてきました。川向うには社寺林や屋敷林があって、深い森の中にいるような幻想的な雰囲気を醸し出していました。

写真をクリックすると大きくなります。

ケヤキの大木に絡まっている蔓性の植物が目立ちました。絡まっている蔓は何だろうと思って、よく見ると、それはすべてツルマサキでした。フジ、テイカカズラ、キヅタなどが、大木に絡まっているのはよく見ますが、ここまで成長したツルマサキは珍しい気がしました。(高尾山で2か所、成長したツルマサキを見たことがあります。そのうち、1本は枯れてしまって今はありません。)

T_img_3078

T_img_3082

見て!! この太い蔓~(^^♪

T_img_3084

| | コメント (0)

シロバナキンラン? それとも、色褪せたキンラン?

今年も何か所かでキンランの花を見ることができました。

そのなかで、白い花を咲かせたキンランを数本見ました。

写真をクリックすると大きくなります。

最初に白い花のキンランを見付けたのは5月7日でした。黄色い花に交じって、白い花を咲かせたキンランが数本ありました。このキンランは、背萼片、側萼片、側花弁が白く、唇弁は黄色です。

T_img_3113

T_img_3116

T_img_3119

このキンランは白というよりクリーム色です。

T_img_3124

5月13日、白い花のキンランがどうなったかと思って見に行きました。

クリーム色の花は終わっていました。

唇弁が黄色だった花は、唇弁だけが枯れて、白い背萼片、側萼片、側花弁は残っていました。

T_img_3412

T_img_3405

T_img_3432

白い花の後ろに普通のキンランも咲いていました。

T_img_3402

T_img_3449

来年、白い花が咲くのか、黄色から白に変化するのか、確認しようと思います。来年の春が楽しみです。

| | コメント (0)

スイカズラなど

散歩中に見掛けた植物です。

写真をクリックすると大きくなります。

近くの公園の植木にスイカズラが絡まってたくさんの花を咲かせていました。

T_img_3363

T_img_3358

T_img_3347

咲き始めの花は白いのですが、咲き進むと黄色味を帯びてきます。

T_img_3338

少しピンク色をした蕾がありました。

T_img_3342

エゴノキです。枝いっぱいに白い花を咲かせていました。

T_img_3324

T_img_3248

クサノオウです。

T_img_3095

キツネアザミは空き地や川沿いの小道などでよく見掛けます。

T_img_3302

| | コメント (0)

5月の帰化植物 その3

四つ葉のクローバー(シロツメクサ)とちょっと変わった花を咲かせていたヘラオオバコを観察しました。

写真をクリックすると大きくなります。

ひとつの株の中にたくさんの四つ葉のクローバーを見付けました。

T_img_3088

T_img_3090

T_img_3091

T_img_3094

T_img_3099

ちょっと変わった咲き方をしているヘラオオバコを見付けました。エダウチヘラオオバコというらしいです。

T_img_3222

T_img_3223

別の角度から撮ってみました。

T_img_3224

T_img_3226

別の角度から撮ってみました。

T_img_3228

普通のヘラオオバコ。

T_img_3229

| | コメント (0)

5月の帰化植物 その2

5月初旬に見たの帰化植物の続きです。

写真をクリックすると大きくなります。

セリバヒエンソウがすっと飛び立つように咲いていました。最近、田中肇さんにセリバヒエンソウのことを教えて頂いたので、花を分解して観察してみました。(写真は撮り忘れました。)

T_img_2974

T_img_3076

ナヨクサフジを1株見付けました。お隣の市では畑一面に咲いているのを見たことがありますが、この辺では少ないようです。我が家周辺では初めて見ました。

T_img_3179

T_img_3180

ニワゼキショウが咲いていました。写真はありませんが、近くでオオニワゼキショウやアキマルニワゼキショウ(この名前は仮称らしいです。ニワゼキショウとオオニワゼキショウの雑種と言われています。)、セッカニワゼキショウも見られます。

T_img_3238

T_img_3280

ヒメフウロが咲いていました。

T_img_3258

保存林のフェンスの中に咲いていたイモカタバミです。繁殖力旺盛で増えると厄介な植物ですが、花だけ見たら奇麗ですね。

T_img_3465

T_img_3466

ビオラ 民家の庭から逃げ出したようです。

T_img_3471

まだ続きます。

| | コメント (0)

5月の帰化植物 その1

遊歩道や空き地、道路わきなどで観察した帰化植物です。

写真をクリックすると大きくなります。

アカバナユウゲショウ

T_img_2827

アメリカフウロ

T_img_2829

ルリニワゼキショウが咲いていました! \(^_^)/ 奇麗な瑠璃色で大好きな花です。まさかこの遊歩道で見られるとは・・・。嬉しい発見でした。

T_img_2947

T_img_2949

キンポウゲ科の植物。ウマノアシガタに似ているけれど、園芸品種のような感じがします。遊歩道だったので、もしかしたら、誰かが植えたのかも?

T_img_2942

T_img_2943

カキネガラシがフェンスに沿って群生していました。道路沿いで観察していると、同じ種類の帰化植物がまとまって見られることが多いですね。

T_img_2955

T_img_3068

シャクチリソバ

T_img_2966

雑木林の中にキウイフルーツが生えていました。公園や民家に近い雑木林のなかで見られることが多いです。

T_img_3021

オオアマナの花は奇麗ですが、繁殖力が旺盛で増えてしまうと厄介です。

T_img_3063

続きます~(^^♪

| | コメント (0)

近所の雑木林 その4

観察に出掛けた中で一番大きな雑木林です。去年、ボランティアをしている方に、「地面が固くなっていて、植物が少ない。あまり見られるものはないよ。」と言われたのですが、思っていたよりたくさんの植物が見られました。(もう少し、日差しが入るようになると植物の種類も増えるかも・・・?)

写真をクリックすると大きくなります。

数は少なかったですが、フタリシズカが見られました。

T_img_3148

ホウチャクソウはたくさん見られました。見頃の花もたくさんありました。\(^_^)/

T_img_3160

T_img_3151

キンラン

T_img_3173

ササバギンランだと思います。

T_img_3178

ノイバラが咲いていました。ほのかにバラの香りがしました。

T_img_3188

散策路に薄紫色の花が落ちていました。見上げてみたら、高いところに桐の花が見えました。

T_img_3195

T_img_3198

T_img_3200

キンラン、ササバギンランは少なかったのですが、ギンランは結構見られました。

T_img_3209

アキノタムラソウの葉です。花の時期が楽しみです。また行こう~。

T_img_3210

| | コメント (0)

近所の雑木林 その3

3番目に出掛けたのは小さな雑木林で、散策路はあるもののあまり手入れはされていないようでした。

写真をクリックすると大きくなります。

ギンラン

T_img_3111

キンラン

T_img_3123

ニガナが咲き始めていました。

T_img_3127

ネコハギは1株だけ見ました。

T_img_3133

コナスビが咲いていました。

T_img_3142

深く切れ込んだ葉。ヤマグワだと思うのですが、あっているでしょうか?

T_img_3130

T_img_3378

T_img_3381

T_img_3383

T_img_3385

| | コメント (0)

今日の空模様 2020 5/13

今日も暑くなりましたね。

散歩のつもりで2時間くらい歩いたのですが、暑さでくらくらしました。(マスクをしていたので余計に・・・。)

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_3469

T_img_3468

雑木林の緑が濃くなっていました。

| | コメント (2)

近所の雑木林 その2

次に出掛けた雑木林は、家からは少し離れています。ここも小さな雑木林でしたが、植物の種類は最初の雑木林よりも多く見られました。
雑木林の中に水が湧く窪地がありますが、現在は湧水量が激減してしまい、私たちが行ったときは水は見られませんでした。
水は湧いていませんでしたが、窪地には湿ったところに生える植物も見られました。

雑木林で見られた植物です。

写真をクリックすると大きくなります。

シロヤブケマン

T_img_2959

マユミ

T_img_2967

カントウタンポポ

T_img_2980

イボタノキが咲いていました。

T_img_3014

ウグイスカグラの実が良い色になっていました。

T_img_3030

クサイチゴが咲いていました。

T_img_3055

イチヤクソウの蕾が見られました。今年はイチヤクソウの花は見られないかと思っていたのですが、この雑木林で見られそうなので良かったです。

T_img_2964

林床にハクウンボクの幼木がたくさん見られました。親木はないかと探したら、たくさんの花を咲かせている木がありました。

T_img_2969

コゴメウツギが咲いていました。この花も見られないと思っていたので、ラッキーでした。

T_img_3026

T_img_3029

ツボスミレが咲いていました。少し湿ったところに咲く花です。

T_img_3032

エナシヒゴクサだと思うのですが・・・。合ってるかな? これも湿ったところに生える植物です。

T_img_3059

| | コメント (0)

近所の雑木林 その1

毎年、ゴールデンウィークは時間の許す限り、あちこちの里山や植物園などに出掛けていました。けれども、今年は遠出は控えて、歩いていける距離の雑木林や保存林で植物などの観察をしました。

一番近くの小さな雑木林では、今年の冬に下草を刈ったので、キンラン、ギンランの数が増えました。

写真をクリックすると大きくなります。

キンラン

T_img_2931

ギンラン

T_img_2927

ほかに、クチナシグサ、キランソウなどが咲いていました。

| | コメント (0)

カマツカ?

近くの公園で咲いていた白い花。

カマツカかと思ったのですが、ちょっと違うような気もして・・・。

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_2870

T_img_2871

T_img_2875

T_img_2878

T_img_2877

図鑑を調べてみると、花の特徴、茎や葉の特徴はカマツカと同じです。ただ、葉がいつも里山で見るカマツカよりも、厚みがあって、光沢もあるように思うのです。
セイヨウカマツカ、ワタゲカマツカ、シナカマツカというのがあるようで、その特徴も調べてみましたが、公園で見たカマツカ(?)とは違うようです。
今後、実も出来ると思うので、続けて観察してみようと思います。

| | コメント (0)

ブタナ(帯化)

うちの周辺は芝生地が多くて、今の季節はブタナとヘラオオバコが大群落を作っているのが見られます。先日、その中に帯化しているブタナを2本、見付けました。

写真をクリックすると大きくなります。

入れない場所に咲いていたのでわかりにくい写真になってしまいました。

T_img_2839

トリミングしてみました。

花は終わっていました。

Photo_20200508170001

もう1本はまだ蕾でした。

T_img_2844

茎は帯化していますが、花の部分は帯化していないようです。

Photo_20200508170002

| | コメント (0)

セイヨウタンポポ(帯化) その後

遊歩道で見たセイヨウタンポポ(帯化)のその後です。

写真をクリックすると大きくなります。

4月22日に見たときは、1本の茎が立ち上がって種を飛ばす用意が出来たように見えました。5月3日にまた見に行ってみると、茎が枯れて種が残ったまま倒れていました。

T_img_2852

T_img_2850

頭花が多過ぎて(重すぎて?)うまく風に乗れなかったのかもしれませんね。

| | コメント (4)

ご近所の植物 帰化植物 4月~5月

ご近所で見られた帰化植物です。

写真をクリックすると大きくなります。

セダムの仲間です。最近、民家の周りでセダムの仲間をよく見掛けます。でも、名前がわからないものが多いですね。名前にたどり着くのが難しいです。

T_img_2636

ベニカタバミだと思います。民家の庭から遊歩道に進出してきたようです。

T_img_2650

セイヨウタンポポはあちこちで。

T_img_2736

カラスノエンドウと一緒に。のどかな風景です。

T_img_2659

ナガミヒナゲシはあちこちで花を咲かせています。強い花ですね。

T_img_2854

ナガミヒナゲシとヒメオドリコソウです。

T_img_2811

久しぶりに紋付のナガミヒナゲシを見ました。

T_img_2939

ヒメジョオンは咲いたばかりかな? 奇麗な花ですね。

T_img_2770

アメリカスミレサイシンのパピリオナケアです。うちの周辺はパピリオナケアばかりでした。

T_img_2677

| | コメント (2)

ご近所の植物 4月

ご近所で見られた植物の続きです。

写真をクリックすると大きくなります。

あちこちの縁石にスミレが咲いていました。

T_img_2756

T_img_2750

ヒメスミレも結構見られます。ヒメスミレは人の近く(街中)でよく見掛けますね。

T_img_2643

T_img_2645

タチツボスミレは雑木林の縁で咲いていました。

T_img_2673

うちの周辺は畑が多いので、ノボロギクはよく見掛けます。

T_img_2653

芝生の中にカントウタンポポが咲いていました。その周りにはアマナの葉が見られます。3月下旬にはアマナの花も見られました。

T_img_2676

キランソウも結構多いです。

T_img_2696

芝生と言えばネジバナ~(^^♪ 花の季節が楽しみです。

T_img_2790

| | コメント (0)

イロハモミジの芽生え

うちの窓からイロハモミジの並木が見えます。家の中にいても、春は新緑、秋には鮮やかな紅葉が楽しめます。(^_^)

写真をクリックすると大きくなります。

先日、その並木の下で、たくさんのイロハモミジの芽生えを見付けました。イロハモミジの並木は約100m。その間はずっとこんな感じで、イロハモミジの芽生えが見られました。
キュウリグサやタチイヌノフグリの花も写っています。

T_img_2729

なかにはこんなにびっしり生えているところも・・・。

T_img_2731

こんなにたくさん芽生えているのに、もうしばらくしたら日影になって枯れるのか、草刈りの人に刈られてしまうのか・・・。ここで大きく育ったイロハモミジを見たことはありません。

| | コメント (2)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »