« 東京都薬用植物園 ムラサキセンブリなど | トップページ | 東京都薬用植物園 ハナノキの紅葉 »

東京都薬用植物園 サンシュユなど

11月中旬、薬用植物園での観察の続きです。

写真をクリックすると大きくなります。

ヤクシソウ

T_img_0414

最後に残ったツワブキの花です。花の盛りが過ぎて花弁が白くなっていました。これはこれで初冬の風情があって良いかな?

T_img_0480_20211210222401

サンシュユの実が初冬の日差しに輝いていました。美しいですね。

T_img_0488

T_img_0491

T_img_0535

タラヨウの実がびっしり付いていました。

T_img_0503

ナギイカダは花と実が見られました。花期は春から夏のようですが、花も蕾もたくさん付いていました。

T_img_0518

T_img_0509

オオミサンザシの実です。名前の通り大きな実です。

T_img_0521_20211210222501

T_img_0526_20211210222501

クロホオズキと言うそうです。

T_img_0546

T_img_0545

キンシバイの花もまだ少し咲いていました。この花も盛りを過ぎて白くなっています。

T_img_0527

高さ2mくらいのケイトウが植えられていました。名札を見ると、スギモリケイトウと書かれていました。初めて聞く名前です。うちに帰って調べてみたら、雑穀(正確には、ヒユ科の植物なので「疑似雑穀」と言うそうです)として人気のあるアマランサスだとわかりました。アマランサスってケイトウだったのですね。熱帯アメリカ原産だそうです。

T_img_0557

T_img_0554

T_img_0560

|

« 東京都薬用植物園 ムラサキセンブリなど | トップページ | 東京都薬用植物園 ハナノキの紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都薬用植物園 ムラサキセンブリなど | トップページ | 東京都薬用植物園 ハナノキの紅葉 »