シュッコンハゼラン ポーチュラカ(八重咲き)

花壇の中にやけに花の大きいハゼランが咲いていました。普通、ハゼランの花は直径5~6mmくらいですが、花壇の花は直径10mmくらいでした。

T_img_0682

T_img_0684

うちに帰ってから調べてみました。「シュッコンハゼラン」という名前で売られているようです。

花をトリミングしてみました。写真をクリックすると大きくなります。

よく見たら、雌しべに毛があるような・・・? あのとき、もう少しこまめに観察しておけば良かったですね。今度、ハゼランとシュッコンハゼランを見掛けたら、雌しべの観察をしてみましょう。

T_img_0686

ポーチュラカの八重咲きの花です。なんだか作り物のような花ですね。色の組み合わせがなんとも派手です。

T_img_0695

T_img_0697

同じ茎に白と黄色の花が咲いていました。この花だけちょっと変わった咲き方をしていました。

T_img_0699

| | コメント (0)

水辺の植物観察 初めましての植物 訂正あり

グリーンプラザの前の鉢植えの中に、初めて見る植物が2種類ありました。

「カリメリス」と言われている植物ではないかと思います。花は八重咲きですが、葉や茎の感じ、全体の様子がユウガギクそっくりでした。うちに帰ってから調べたら、カリメリスという園芸植物にたどり着きました。咲き初めは丁字咲きで、次第に八重咲きに変化するので、「七変化」という名前(商品名?)で売られているそうです。「咲き初めは丁字咲きで、次第に八重咲きに変化する」って、どんな風に変化していくんだろう? ちょっと想像がつかないな・・・。

T_img_0096

T_img_0098

もう1種はこの花。↓

T_img_0112

ピンク色の大きな花が可愛いですね~(^^♪ 近寄ってみたら、「キダチアサガオ」という名札が付いていました。この名前を見て、一瞬、キダチチョウセンアサガオの仲間かな、と思ったのですが、花と葉を見るとどうも違うようです。写真で見たことのあるサツマイモの花に似ています。葉もサツマイモのようですね。うちに帰ってから調べてみたら、やはりヒルガオ科サツマイモ属でした。

サツマイモは花の数が少ないため、キダチアサガオの台木に接木して花を咲かせ、交配して雑種の種をとるそうです。品種改良に使われるのですね。

ちょっと間違いがありましたので訂正しました。田中さん、ご指摘、有り難うございました。

T_img_0109_2    

T_img_0108_2

| | コメント (2)

美しい庭園 2

オランダ大使公邸内の庭園で見られた花の続きです。チューリップ以外にもたくさん咲いていましたよ。 (⌒~⌒)

(写真をクリックすると大きくなります。)

ツバキ

T_p1130258

T_p1130259

T_p1130306

T_p1130314

ツツジ

T_p1130264

チューリップ、ボタン、ツツジ、イロハモミジ、オオデマリ(?)

T_p1130302

プランターに何故かクサノオウが・・・。もうすぐ咲くねぇ。

T_p1130281

白いムスカリ

T_p1130289

ムスカリと一緒に植えられていた黄色い花。キク科のようだけれど、初めて見る花で名前は不明。

T_p1130287

新緑

T_p1130317

| | コメント (0)

美しい庭園 1

先週末、オランダ大使公邸内の庭園が一般公開されていました。知り合いに誘っていただいて、見学に行ってきました。(^_^)

(写真をクリックすると大きくなります。)

T_p1130257

T_p1130262

T_p1130266

T_p1130269

たくさんの春の花が見られました。

まずは、やっぱりチューリップから・・・。一重咲き、八重咲き、フリンジ咲き、ユリ咲き。花の色もたくさんあって、昔からある赤や黄色はもちろん、鮮やかなオレンジ、濃い紫、藤色、白と赤と緑色の絞り咲き、白と緑色の絞り咲きなど・・・。チューリップっていろんな種類があるんですねぇ。(⌒~⌒) 

T_p1130279

T_p1130284

T_p1130299

T_p1130300

T_p1130305

T_p1130319

| | コメント (2)

海の見える丘陵で 塀や壁も観察、観察! (^o^)v

民家の塀を乗り越えて道路に逃げ出しそうになっている園芸植物がいくつか見られました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

塀に垂れ下がっているのはハナツルソウ(ツルナ科)です。南アフリカ原産の常緑多年草です。
マツバギク(ツルナ科)を小さくしたような赤い花を咲かせます。本来は夏に花を咲かせるのですが、寒さに強いようで冬になっても咲いているのをときどき見掛けます。(今回は咲いていませんでした。)

T_p1110044

以前、撮ったハナツルソウです。民家の庭を抜け出して道路で花を咲かせていました。(2010年7月20日撮影)

T_img_3603

別の民家の塀の上にカタバミ(カタバミ科)の仲間の葉がたくさん見られました。石垣からこぼれそうなくらい茂っていました。
名前はわかりません。よく見掛けるムラサキカタバミやイモカタバミよりも、葉が小さくて柔らかく、なよなよした感じでした。

T_p1110046

これも名前がわからなかった植物です。コンクリートの壁に垂れ下がっていて、2~3mくらいの長さはあったと思います。

T_p1110048

葉やひとつだけ咲いていた花の様子からペチュニア(ナス科)の仲間ではないかと思ったのですが・・・。
ペチュニアは寒さに弱いため、日本では1年草扱いされていますが、本来は多年草なのだそうです。暖かい地域ならば冬越しして5年くらいは楽しめるらしいのですが、はたしてここでも冬を越して写真のように育つのかどうか、分かりません。

ひとつだけ咲いていた花です。花盛りの時にも見てみたいですね。(^_^)

T_p1110049

海の見える丘陵で見た植物はこれで終わりです。

| | コメント (2)

スネイル・フラワー

面白い花を見ました。カタツムリにそっくりです。

(写真をクリックすると大きくなります。)

T_p1060305 

T_p1060274

ベネズエラ原産のスネイル・フラワー(マメ科)と言うそうです。
つる性の植物で、フェンスなどに這わせたり、グリーンカーテンに利用すると良いようです。

T_p1060261_2

T_p1060285

花や蕾を見ていたら、アリやチョウがたくさん来ていました。花に来る昆虫の観察にも良さそうです。(^_^)

T_p1060297

T_p1060298

| | コメント (1)

モクレンの仲間

シデコブシ(モクレン科)の園芸品種だと思うのですが、ようやく蕾が開いてきました。

T_img_2314

蕾が鳥に齧られていました。モクレンの仲間の蕾が鳥に食べられているのをよく見掛けます。

T_img_2306

美味しいのかなぁ~♪

| | コメント (2)

春を待つ樹 ユキヤナギ

今日の東京は冷たい雨が降っています。

今週も寒いみたいです。(;_;)

春を待っている(^_^)ユキヤナギ(バラ科)です。

T_p1010799

少し蕾が膨らんでいます。真っ白な花が咲くのが待ち遠しいですね~♪

| | コメント (2)

春を待つ樹 ウメ

昨日、「東京でウメが咲いた」と高らかに(^_^)発表されました。

が、しかし! うちの周辺のウメ(バラ科)はどの樹も写真のような状態です。この樹は、いつもだったら年末には咲き出しています。ところが、今年は寒さのためか未だに咲いていません。

T_p1010762

一週間前に見に行った時、蕾の先がちょっと白くなったばかりでした。一週間たっても蕾が少し膨らんだだけのようです。いつになったら咲くのやら…。

早く咲かないかなぁ~♪

| | コメント (4)

サンシュユ

サンシュユ(ミズキ科)の赤い実が午後の陽ざしに輝いていました。

T_img_1844

花芽も大きくなっています。暖かい春が待ち遠しいですね。(^_^)

T_img_1845

| | コメント (2)

より以前の記事一覧