カラスウリの実

ご近所散歩でカラスウリの実をたくさん見付けました。豊作だったようですね。種も見たかったのですが、遠くて手が届きませんでした。

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_3193

T_img_3194

T_img_3207

| | コメント (0)

イワウメヅル

今まで畑のフェンスに絡まっているイワウメヅルを観察していましたが、今回は別の場所で木に絡まっているイワウメヅルを見付けました。

写真をクリックすると大きくなります。

オレンジ色の仮種皮が鮮やかですね。

T_img_3159

T_img_3252_20240112152901

T_img_3254_20240112152901

T_img_3257

T_img_3268

ちょっとボケちゃっていますが、鋭い棘がたくさん見えます。

T_img_3175_20240112153001

T_img_3264

T_img_3259

イワウメヅルが絡まっている木ですが、どうも枯れているように見えます。木の周りの枯れているように見える蔓がイワウメヅルです。緑色の葉はツルマサキです。

T_img_3274_20240112153001

T_img_3189_20240112153101

今回、見付けたイワウメヅルから200mほど離れた木にツルウメモドキが絡まっていました。ちょっと遠かったのではっきりとはしませんが、蔓に棘がなかったのでツルウメモドキで良いと思います。

T_img_3320

| | コメント (0)

ツルマサキ

野菜の直売所巡りのときによくツルマサキの観察をしています。

写真をクリックすると大きくなります。

大きな農家の屋敷林や周辺の寺社林のケヤキの大木をツルマサキが覆っています。ケヤキの葉が散ったので、ツルマサキの様子が見やすくなっていました。

T_img_3099_20240110171301

T_img_3100

T_img_3101

T_img_3102

T_img_3103

ケヤキの大木の向かって左側にツルマサキの蔓が2本見えます。蔓の直径が20cmくらいはありそうな大木です。

T_img_3104

実が割れてオレンジ色の仮種皮が見えていました。

T_img_3222_20240110171401

T_img_3224_20240110171401

T_img_3200_20240110171301

T_img_3228_20240110171401

冬芽

T_img_3237_20240110171401

T_img_3243_20240110171401

緑色の枝からたくさんの気根を出して他の樹木をよじ登ります。

T_img_3244

T_img_3240

| | コメント (0)

ヤドリギ

2024年になってからの観察です。

今年になって初めて野菜の直売所めぐりに行ってきました。

写真をクリックすると大きくなります。

葉の落ちたケヤキの木の梢にヤドリギが見えました。

T_img_3305

別のケヤキの木のヤドリギです。大きなひとつの株に見えますが、別の方向から見たら3株でした。

T_img_3321_20240109225601

| | コメント (0)

タチツボスミレ クサノオウ など

2023年、12月下旬の観察です。

写真をクリックすると大きくなります。

ハルノノゲシ

T_img_3091_20240107203401

クサノオウが咲いていました。コンクリートの壁際で暖かいのでしょうか。蕾もたくさんあってまだまだ花を楽しめそうです。

T_img_3097

T_img_3096

サネカズラの紅葉です。

T_img_3108

T_img_3110

アカメガシワの冬芽です。芽鱗を持たない裸芽で星状毛に被われています。

T_img_3116_20240107203401

T_img_3121

ヒヨドリジョウゴの赤い実が輝いていました。

T_img_3122

瑞々しい緑色の若い実も残っていました。

T_img_3141_20240107203501

陽だまりでタチツボスミレが咲いていました。10株くらい咲いていて、そこだけ春のようでした。

T_img_3137

T_img_3144_20240107204001

T_img_3152

| | コメント (0)

赤い実 黒い実 風で飛んでいく実 (11月中旬)

11月中旬に観察した植物の実です。

写真をクリックすると大きくなります。

目が覚めるような鮮やかな赤い実のヒヨドリジョウゴ。

T_img_2653_20231226173001

T_img_2667

オトコヨウゾメ

T_img_2895

小さな黒い実はイヌホオズキの仲間のようです。

T_img_2747

遠かったので拡大してみました。

Photo_20231226173301

実付きの良いヤブランがありました。

T_img_2960

風で遠くに飛んでいく実もたくさんありました。

ノハラアザミ

T_img_2792

湿地周辺ではタカアザミが飛び立とうとしていました。ふわふわの冠毛が美しいですね。

T_img_2812

T_img_2823

T_img_2837

T_img_2841

アキノノゲシの冠毛は可愛い。

T_img_2871_20231226173501

キッコウハグマ

T_img_2883

ウバユリの実が飛び出すのはもう少し後のようです。

T_img_2925

| | コメント (0)

ちょっと変ったオオバコ

ちょっと変わったオオバコを見付けました。

写真をクリックすると大きくなります。

休耕田脇の畦道の草の中にオオバコが生えていました。通り過ぎようとしましたが、「おやっ!」と思って振り返りました。(絵に描いたような二度見です。(o^-')b ! ) そのオオバコをよく見たら、実が付いている穂が枝分かれしていました。ヘラオオバコでは枝分かれした穂を何度か見たことがありましたが、オオバコでは初めて見ました。

T_img_2794_20231219173601

T_img_2797_20231219173601

おまけ

穂が枝分かれしているヘラオオバコをエダウチヘラオオバコというらしいです。2020年に見たエダウチヘラオオバコです。

T_img_3224_20231219173001

T_img_3228_20231219173101

普通のヘラオオバコ

T_img_3229_20231219173101

2019年に見たヘラオオバコは茎の先から葉が出ていました。

T_img_9082_20231219173101

| | コメント (0)

晩秋のタチツボスミレ (11月中旬)

山道のあちらこちらにタチツボスミレが咲いていました。

写真をクリックすると大きくなります。

季節外れのタチツボスミレなのだけれど、やっぱり花に出会えるとうきうきしてしまいます。嬉しいものです。

T_img_2902

T_img_2904

T_img_2908

T_img_2911

尾根道にエイザンスミレの夏葉が見られました。早春の花の時期の葉と同じものとは思えないほど大きくなっています。

T_img_2919

T_img_2920

| | コメント (0)

キッコウハグマ ツリフネソウ など (11月中旬)

11月中旬、里山に咲いていた花です。

写真をクリックすると大きくなります。

ヒヨドリバナの花がきれいに咲いていました。

T_img_2650_20231211171901

ツリフネソウがまだ咲いていました。だいぶ花の色が薄くなっていますね。

T_img_2689_20231211171901

さわったらパチンと弾けました。

T_img_2690

午後の日差しを浴びてキラキラ輝いていました。

T_img_2695

コウヤボウキ

T_img_2731_20231211171901

キバナアキギリの花もそろそろ終わりです。

T_img_2887

この蕾は濃い黄色でした。

T_img_2888

尾根道にキッコウハグマの花が咲いていました。最初に見付けた花はもう終わりのようで、枯れかけていました。

T_img_2950

T_img_2945

少し下ったところに可愛い蕾があるのに気が付きました。淡いピンクの優しい色の蕾が見られて良かったです。

T_img_2971

T_img_2974_20231211172001

| | コメント (0)

冬のスイカズラ (11月中旬)

自然公園のフェンスにスイカズラが絡まっていました。

写真をクリックすると大きくなります。

実が見られないかと探してみました。葉の陰に緑色の未熟な実と黒い熟した実が見られました。

T_img_2612

T_img_2617_20231208231501

よく見たら蕾が残っていました。だいぶ寒くなってきましたが、これからでも咲けるのでしょうか?

T_img_2626

T_img_2608

スイカズラは常緑性なので冬でも落葉しません。下の写真のように葉を丸めて、冬を乗り越えるようです。

T_img_2603

T_img_2604

T_img_2611_20231208231501

別の場所で見たスイカズラです。このスイカズラはまだ葉を丸めていませんでした。

T_img_2681_20231208231601

| | コメント (0)

より以前の記事一覧