ジャガイモの実

5月下旬の観察です。

ジャガイモに実が出来ていました。ジャガイモの実は、たぶん初めて見ると思うけれど、記憶があやふやです。誰かのブログで見たジャガイモの実と、自分の記憶がごっちゃになっているみたいです。(自分で見た気持ちになっているのかも・・・。)

写真をクリックすると大きくなります。

T_img_8603

| | コメント (4)

きゅうり

1回目の水田雑草観察の帰り道、野菜の無人販売所で、3本で100円のきゅうりを買いました。家に帰って袋を開けてみたら、きゅうりの先端に小さな葉が一枚付いていました。
きゅうりの先端から葉が出るなんてことがあるんですねぇ~。初めて見ました。 ヾ(@°▽°@)ノ 

T_p1360245

T_p1360239

数日後、N○Kのローカル番組を見ていたら、きゅうりの中央あたりから葉が出ている写真が紹介されていました。

あれあれっ、葉付ききゅうりって以外と多いですか?

| | コメント (2)

パッションフルーツ

ふぅ~、毎日、暑いですね。(^^;)

最近はどこにも出掛けていないので、すっかり休業状態です。このままだとブログの書き方を忘れてしまいそうなので、7月に撮った写真の中から美味しかったものを出そうと思います。

(写真をクリックすると大きくなります。)

7月の新宿御苑で観察した植物の中にパッションフルーツがありました。そのときに、きよこさんがご自宅で出来たパッションフルーツを送ってくださいました。(きよこさん、ありがとう~♪)

T_p1280232

実がしわしわになったら、2つに切って、スプーンですくって、種ごと食べます。ほんのり甘くて美味しかったです。

T_p1280255_2

| | コメント (2)

コアジサイの咲く低山で 移動途中

道路沿いの空き地(?)にコンニャクと思われる花が咲いていました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

T_p1260395

T_p1260390

あまり見る機会のない花なので、ちょっと得をした気持ちで眺めてきました。(^_^)v

「コアジサイの咲く低山で」の観察はこれで終わりです。

| | コメント (2)

シシユズ

シシユズ(ミカン科)を頂きました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

T_p1100523_2

頂いた3個の中で、一番大きいシシユズは直径12cm、高さ8cmくらいでした。(写真の下のシシユズです。)

雪だるまみたいに重ねてみました。(^o^)/

T_p1100539

輪切りにしてみました。皮の白い部分が多くて、実は少しでした。

T_p1100545

縦に切ってみました。

T_p1100551

(昨日は寒い中、重たいシシユズを担いで来て頂き、有り難うございました。)

| | コメント (2)

里山の夏 キュウリ

案内をして下さった方からキュウリをいただきました。

(写真をクリックすると大きくなります。)

黄色くなっていますが、時期が過ぎてしまったのではなく、この状態は食べ頃の少し手前、なんだそうです。
スーパーなどで売っているキュウリよりもだいぶ大きいです。(長さは17cm程。直径は5cm程でした。)
浅漬けにしていただきました。美味しかったですよ。(^_^)v

T_p1050154

支柱を立てずに、藁を引いてその上を這わせていました。

T_p1050095

雄花

T_p1050101

雌花

T_p1050106

子供のキュウリは白いみたいです。

T_p1050100

| | コメント (2)

夏の畑の植物(ウリ科)

「地湧金蓮」を見たあと、畑の植物を見せてもらいました。ウリ科の植物が目立ちました。

写真は上から、ヒョウタン、スイカ、ヘビウリ(全部ウリ科)、です。

ヒョウタンはお正月のお飾りにするそうです。

スイカは実を吊って育てているようです。

最後のヘビウリは、インド原産で、明治の終わり頃に渡来したそうです。実は細長くて、中には1m以上になっているものもありました。
東南アジアでは食用にするそうです。試しに食べてみたそうですが、「煮ても焼いても美味しくない」とのことでした。
日本では、蛇のようにくねくね曲がった実を観賞することが多いようです。

Photo

| | コメント (0)

チャノキ

我が家周辺には植木畑がたくさんあります。その一角で、チャノキ(ツバキ科)の花が咲いていました。

チャノキの花というと普通は白なんですが、ここのはピンク色です。今までいろいろなところでチャノキの花を見ましたが、ピンクの花が咲いているのを見たのは、この畑のこの1本だけです。

園芸品種なのかな?

追記です。(^_^)/

「紅花茶(べにばなちゃ)」というらしいです。やはり園芸種のようです。

Photo

| | コメント (0)

アルファルファ

スーパーの野菜コーナーで見掛けるアルファルファ(マメ科)。スプラウトの状態で見たことはありますが、ちゃんと育てるとこんな可愛い花が咲くんですね。

生食でサラダにするほか、葉を乾燥させてハーブティとして飲むそうです。抗がん作用、消炎作用、疲労回復などに効果があるようです。そのうえ、種子は染料になり、牧草としても使われる・・・。いろいろお役立ちの植物のようです。

T_p1110887

| | コメント (0)

ムラサキバレンギク

漢字で書くと、「紫馬簾菊」。キク科の植物です。属名のエキナセア、もしくは、エキナケア(ラテン語ね (^_^) ) とも呼ばれるそうです。どちらにしても、馴染みのない名前で覚えるのが難しそうです。

北アメリカ原産で、筒状花はこんもりと盛り上がって、舌状花は下向きに咲きます。ハーブティとして飲まれたり、炎症や傷の治療に利用されるようです。免疫力を高める効果があるとかで、注目されている植物だそうです。

「馬簾」は、纏(まとい 時代劇などで町火消の人が持ってるものですね)の周囲に垂れ下がっている細長い飾りのことだそうです。垂れ下がった舌状花からきた名前なんでしょうね、きっと。

T_p1110863_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧